6.2. Katello エージェントを使用したシステムのパッチ修正

6.2.1. Katello エージェントのインストール

Katello エージェントは非推奨で、今後の Satellite のバージョンで削除される点に注意してください。ワークロードを移行して、リモート実行機能を使用してクライアントをリモートで更新します。詳細は、『ホストの管理』ガイドの「Goferd および Katello エージェントを使用しないホスト管理」を参照してください。

コンテンツホストで katello-agent RPM パッケージをインストールします。

# yum install katello-agent

Red Hat Satellite Server または Capsule Server が、コンテンツホストに適用可能なエラータに関する情報を提供できるように、goferd サーバーが実行している必要があります。

goferd が実行していることを確認します。

  • Red Hat Enterprise Linux 6 の場合は、以下のコマンドを実行します。

    # service goferd start
  • Red Hat Enterprise Linux 7 の場合は、以下のコマンドを実行します。

    # systemctl start goferd

6.2.2. エラータのコンテンツホストへの適用

Web UI を使用したコンテンツホストへのエラータの適用

  1. ホスト → コンテンツホスト に移動して、auth01.example.com をクリックします。
  2. エラータ タブを選択して、コンテンツホストに適用可能なエラータ一覧を表示します。
  3. 一覧からエラータを選択します。
  4. 選択項目の適用 をクリックします。
  5. 確認メッセージが表示されるので、Apply をクリックします。
  6. エラータがクライアントに適用されたことを確認します。

    [root@client ~]# yum list-sec