第4章 サブスクリプションのインポートおよびコンテンツの同期

4.1. Red Hat リポジトリーの有効化

Red Hat Enterprise Linux ホストのプロビジョニングをサポートするには、必要な Red Hat リポジトリーを有効にする必要があります。

注記

Red Hat Satellite 6.9 のインストールに必要なリポジトリーの一覧は、『リリースノート』の「コンテンツ配信ネットワーク (CDN) のリポジトリー」を参照してください。

環境に合わせて適切なリリースを選択します。ここでは、以下のリポジトリーを有効にする例を紹介します。

  • Red Hat Enterprise Linux Server (Kickstart)

    このリポジトリーを有効にして、ホストのキックスタートを実行します。

  • Red Hat Enterprise Linux Server (RPMs)

    継続中のコンテンツおよびエラータに対してこのリポジトリーを有効にします。

  • Red Hat Enterprise Linux Server - Satellite Tools ベータ版 (RPM).

    Puppet、katello-host-tools、katello-agent などソフトウェアをサポートするこのリポジトリーを有効にします。

Web UI を使用した Red Hat Enterprise Linux 7 Server リポジトリーの有効化

  1. Satellite Web UI で、コンテンツ > Red Hat リポジトリー に移動します。
  2. 検索フィールを使用して Red Hat Enterprise Linux 7 Server (RPMs) のリポジトリー名を入力します。
  3. 利用可能なリポジトリーペインで、Red Hat Enterprise Linux 7 Server (RPMs) をクリックして、リポジトリーセットを展開します。
  4. x86_64 7.5 エントリーでは、有効化 アイコンをクリックして、リポジトリーを有効にします。
  5. 検索フィールドを使用して Red Hat Satellite Tools ベータ版 (RHEL 7 Server 用) (RPM) のリポジトリー名を入力します。
  6. 利用可能なリポジトリーペインで、Red Hat Satellite Tools ベータ版 (RHEL 7 Server 用) (RPM) をクリックして、リポジトリーセットを展開します。
  7. x86_64 エントリーでは、有効化 アイコンをクリックして、リポジトリーを有効にします。
  8. 検索フィールドを使用して Red Hat Enterprise Linux Server 7 (Kickstart) のリポジトリー名を入力します。
  9. 利用可能なリポジトリーペインで、Red Hat Enterprise Linux 7 Server (Kickstart) をクリックして、リポジトリーセットを展開します。
  10. x86_64 7.5 エントリーでは、有効化 アイコンをクリックして、リポジトリーを有効にします。