2.6. Satellite Server へのサブスクリプションマニフェストのインポート

以下の手順を使用して、サブスクリプションマニフェストを Satellite Server にインポートします。

前提条件

  • カスタマーポータルから、サブスクリプションマニフェストファイルをエクスポートしておくこと。詳細は、『Red Hat Subscription Management の使用』ガイドの「マニフェストの使用」を参照してください。

手順

  1. Satellite Web UI で、コンテキストが、使用する組織に設定されていることを確認します。
  2. コンテンツ > サブスクリプション に移動して、マニフェストの管理 をクリックします。
  3. マニフェストの管理ウィンドウで、参照をクリックします。
  4. サブスクリプションマニフェストファイルが保存されている場所に移動して、表示 をクリックします。マニフェストの管理ウィンドウが自動的に終了しない場合は、終了 をクリックしてサブスクリプションウィンドウに戻ります。

CLI をご利用の場合

  1. サブスクリプションマニフェストファイルをクライアントから Satellite Server にコピーします。

    $ scp ~/manifest_file.zip root@satellite.example.com:~/.
  2. Satellite Server に root ユーザーとしてログインし、サブスクリプションマニフェストファイルをインポートします。

    # hammer subscription upload \
    --file ~/manifest_file.zip \
    --organization "organization_name"