Menu Close

第2章 Satellite Server のインストール

Satellite Server に使用予定のホストがオフライン環境にある場合には、外部のコンピューターを使用してパッケージの ISO イメージをダウンロードし、Satellite Server のインストール先にパッケージをコピーし、Satellite Server をインストールします。他の状況では、ISO イメージに最新の更新、バグ修正、機能が含まれていない可能性があるので、この手法は推奨していません。

以下の手順を使用して、Satellite Server をインストールし、初期設定を実行して、サブスクリプションマニフェストをインポートします。

作業を進める前に、使用している環境に適切なマニフェストを確認します。マニフェストに関する詳細は『コンテンツ管理ガイド』の「サブスクリプションの管理」を参照してください。

注記

Satellite Server に自己登録することはできません。

2.1. バイナリー DVD イメージのダウンロード

以下の手順を使用して、Red Hat Enterprise Linux Server と Red Hat Satellite をダウンロードします。

手順

  1. Red Hat カスタマーポータル に移動し、ログインします。
  2. ダウンロード をクリックします。
  3. Red Hat Enterprise Linux を選択します。
  4. 製品とバージョンがご使用の環境に適切であることを確認します。

    • Product Variant (製品のバリアント)Red Hat Enterprise Linux Server に設定します。
    • Version (バージョン) は、ベースオペレーティングシステムとして使用する予定の製品の最新マイナーバージョンに設定します。
    • Architecture (アーキテクチャー) は 64 ビットバージョンに設定します。
  5. Product Software (製品ソフトウェア) タブで、最新の Red Hat Enterprise Linux Server バージョン向けのバイナリー DVD イメージをダウンロードします。
  6. DOWNLOADS (ダウンロード) をクリックし、Red Hat Satellite を選択します。
  7. 製品とバージョンがご使用の環境に適切であることを確認します。

    • Product Variant (製品のバリアント)Red Hat Satellite に設定します。
    • Version (バージョン) は、ベースオペレーティングシステムとして使用する予定の製品の最新マイナーバージョンに設定します。
    • Architecture (アーキテクチャー) は 64 ビットバージョンに設定します。
  8. Product Software (製品ソフトウェア) タブで、最新の Red Hat Satellite バージョン向けのバイナリー DVD イメージをダウンロードします。
  9. ISO ファイルを Satellite ベースオペレーティングシステムの /var/tmp または他のアクセス可能なストレージデバイスにコピーします。

    # scp localfile username@hostname:remotefile