4.4. Satellite Tools ベータ版リポジトリーの同期

本セクションを使用して、Red Hat コンテンツ配信ネットワーク (CDN) から Satellite に Satellite Tools ベータ版リポジトリーを同期します。このリポジトリーを使用して、Satellite Server に登録したクライアントに katello-agentkatello-host-toolspuppet パッケージを提供します。

手順

  1. Satellite Web UI で、コンテンツ > 同期の状態 に移動します。

    同期可能な製品リポジトリーのリストが表示されます。

  2. Red Hat Enterprise Linux Server 製品の横にある矢印をクリックして、利用可能なコンテンツを表示します。
  3. Satellite Tools ベータ版 (RHEL 7 Server 用) RPM x86_64 を選択します。
  4. 今すぐ同期 をクリックします。

CLI をご利用の場合

  • hammer repository synchronize コマンドを使用して、Satellite Tools ベータ版リポジトリーを同期します。

    # hammer repository synchronize --organization "initial_organization_name" \
    --product 'Red Hat Enterprise Linux Server' \
    --name 'Red Hat Satellite Tools Beta for RHEL 7 Server RPMs x86_64' \
    --async