2.2. IPv6 ネットワークでの Satellite インストールの要件

IPv6 ネットワークで Satellite をインストールする前に、以下の要件を満たしていることを確認してください。

  • Satellite または Capsule からホストをプロビジョニングする予定の場合には、最新の grub2 パッケージが含まれている Red Hat Enterprise Linux バージョン 7.9 以降に Satellite および Capsules をインストールする必要があります。
  • 外部の IPv6 サーバーを管理対象外のサービスとして別にデプロイして GURB2 にクライアントをブートストラップしてから、DHCPv6 を使用するか、IPv6 アドレスを割り当てて IPv 6 ネットワークを設定する必要があります。Red Hat Enterprise Linux (ISC DHCP) の DHCP サーバーには IPv6 レコード管理の統合 API が含まれていないので、DHCP 管理を行う Capsule DHCP プラグインは IPv4 サブネットだけに限定されます。
  • 外部の IPv4 HTTP プロキシーサーバーをデプロイする必要があります。これは、Satellite は IPv4 ネットワークでのみコンテンツを配信するので、IPv4 プロキシーを使用してそのコンテンツを IPv6 ネットワーク上にあるホストにリダイレクトする必要があります。
  • この IPv4 HTTP プロキシーサーバーをデフォルトのプロキシーとして使用するように Satellite を設定する必要があります。詳細は、「デフォルトの HTTP プロキシーの Satellite への追加」を参照してください。