第1章 インストールのための環境準備

Satellite をインストールする前に、環境が以下の要件を満たしていることを確認する必要があります。

1.1. システム要件

ネットワーク接続されたベースのオペレーティングシステムには、以下の要件が適用されます。

  • x86_64 アーキテクチャー
  • Red Hat Enterprise Linux 7 Server の最新バージョン
  • 最低 4 コア 2.0 GHz CPU
  • Satellite Server が機能するには、最低 20 GB のメモリーが必要です。また、最低 4 GB のスワップ領域が推奨されます。最低値よりも少ないメモリーで実行している Satellite は正常に動作しないことがあります。
  • 一意なホスト名 (小文字、数字、ドット (.)、ハイフン (-) を使用できます)
  • 現在の Red Hat Satellite サブスクリプション
  • 管理ユーザー (root) アクセス
  • システム umask 0022
  • 完全修飾ドメイン名を使用した完全な正引きおよび逆引きの DNS 解決

Satellite Server をインストールする前に、環境がインストール要件を満たしていることを確認する必要があります。

Satellite Server は、新たにプロビジョニングしたシステムにインストールしておく。Satellite Server が作成するローカルのユーザーとの競合を回避するため、新たにプロビジョニングしたシステムには、以下のユーザーを外部アイデンティティープロバイダーで設定して使用しないようにしてください。

  • postgres
  • mongodb
  • apache
  • qpidd
  • qdrouterd
  • squid
  • foreman
  • tomcat
  • foreman-proxy
  • puppet
  • puppetserver

認定ハイパーバイザー

Satellite Server は、Red Hat Enterprise Linux の実行をサポートするハイパーバイザーで稼働する物理システムおよび仮想マシン両方で完全にサポートされます。認定ハイパーバイザーに関する詳細は、「Which hypervisors are certified to run Red Hat Enterprise Linux?」を参照してください。

SELinux モード

SELinux は、Enforcing モードまたは Permissive モードのいずれかで有効化されている必要があります。無効化された SELinux でのインストールはサポートされません。FIPS モードで稼働する Red Hat Enterprise Linux システムに、Satellite Server をインストールできます。詳細は、『Red Hat Enterprise Linux セキュリティーガイド』の「FIPS モードの有効化」を参照してください。