1.7. クライアントから Satellite Server への接続の有効化

Satellite Server の内部 Capsule のクライアントである Capsule とコンテンツホストは、Satellite のホストベースのファイアウォールとすべてのネットワークベースのファイアウォールを介したアクセスを必要とします。

以下の手順を使用して、Satellite のインストール先の Red Hat Enterprise Linux 7 システムでホストベースのファイアウォールを設定し、クライアントからの受信接続を有効にして、これらの設定をシステムの再起動後にも保持する方法について説明します。使用するポートの詳細は「ポートとファイアウォールの要件」を参照してください。

手順

  1. クライアントから Satellite の通信用のポートを開放するには、Satellite をインストールするベースオペレーティングシステムで以下のコマンドを入力します。

    # firewall-cmd \
    --add-port="80/tcp" --add-port="443/tcp" \
    --add-port="5647/tcp" --add-port="8000/tcp" \
    --add-port="8140/tcp" --add-port="9090/tcp" \
    --add-port="53/udp" --add-port="53/tcp" \
    --add-port="67/udp" --add-port="69/udp" \
    --add-port="5000/tcp"
  2. 変更を永続化します。

    # firewall-cmd --runtime-to-permanent