3.7. Satellite Server の設定

satellite-installer インストールスクリプトを使用して Satellite Server をインストールします。以下の手法から 1 つ選択します。

  • 「Satellite の手動設定」。この手法では、コマンド 1 つまたは複数のオプションを指定して、インストールスクリプトを実行します。コマンドオプションは、対応するデフォルトの初期設定オプションを上書きし、Satellite 応答ファイルに記録されます。必要なオプションの設定に、必要に応じてスクリプトは何回でも実行することができます。
  • 「応答ファイルを使用した Satellite の自動設定」。この手法では、インストールスクリプトの実行時に設定プロセスを自動化する応答ファイルを使用します。デフォルトの Satellite の応答ファイルは /etc/foreman-installer/scenarios.d/satellite-answers.yaml です。使用中の応答ファイルは、/etc/foreman-installer/scenarios.d/satellite.yaml 設定ファイルの answer_file ディレクティブで設定します。
注記

Satellite インストーラーの実行時に使用するオプションによっては、設定が完了するのに数分かかることがあります。管理者は、両方の方法でこれまでに使用されたオプションを応答ファイルで確認できます。

3.7.1. Satellite の手動設定

初期設定では、組織、場所、ユーザー名、およびパスワードが作成されます。初期設定後に、必要に応じて追加の組織と場所を作成できます。初期設定では、MongoDB および PostgreSQL データベースも同じサーバーにインストールします。

インストールプロセスの完了には、数十分かかることがあります。システムにリモートで接続する場合は、リモートシステムから切断された場合にインストールの進捗を確認できるよう、通信セッションの一時中断または再接続を許可できる screen または tmux などのユーティリティーを使用してください。Red Hat ナレッジベースの記事「How to use the screen command」には screen のインストールについて記載されています。または、詳しくは screen の man ページを参照してください。インストールコマンドを実行しているシェルへの接続が切断された場合は、/var/log/foreman-installer/satellite.log のログを参照してプロセスが正常に完了したかどうかを確認します。

手動設定に関する考慮事項

  • satellite-installer --scenario satellite --help コマンドを使用して、利用可能なオプションとすべてのデフォルト値を表示します。値を指定しない場合は、デフォルト値が使用されます。
  • --foreman-initial-organization オプションに、意味を持つ値を指定します。たとえば、会社名を指定できます。値に一致する内部ラベルが作成されますが、このラベルは後で変更できません。値を指定しない場合は、ラベルが Default_OrganizationDefault Organization という名前の組織が作成されます。組織名は変更できますが、ラベルは変更できません。
  • デフォルトでは、インストーラーが設定するすべての設定ファイルが Puppet によって管理されます。satellite-installer を実行すると、Puppet が管理するファイルに手動で加えられた変更が初期値で上書きされます。Satellite Server は、デフォルトでは、サービスとして実行している Puppet エージェントを使用してインストールされます。必要に応じて、--puppet-runmode=none オプションを使用して、Satellite Server で Puppet エージェントを無効にできます。
  • DNS ファイルと DHCP ファイルを手動で管理する場合には、--foreman-proxy-dns-managed=false オプションと --foreman-proxy-dhcp-managed=false オプションを使用して、各サービスに関連するファイルが Puppet で管理されないようにします。他のサービスにカスタム設定を適用する方法は「付録A Red Hat Satellite へのカスタム設定の適用」を参照してください。

手順

  1. 使用する追加オプションを指定し、以下のコマンドを入力します。

    # satellite-installer --scenario satellite \
    --foreman-initial-organization "initial_organization_name" \
    --foreman-initial-location "initial_location_name" \
    --foreman-initial-admin-username admin_user_name \
    --foreman-initial-admin-password admin_password

    このスクリプトは、進捗を表示し、/var/log/foreman-installer/satellite.log にログを記録します。

3.7.2. 応答ファイルを使用した Satellite の自動設定

応答ファイルを使用すると、カスタマイズされたオプションでインストールを自動化できます。最初の応答ファイルには、部分的に情報が入力されます。応答ファイルには、satellite-installer スクリプトの初回実行後に、インストール向けの標準的なパラメーター値が入力されます。いつでも Satellite Server の設定は変更できます。

ネットワークの変更の場合は、可能な限り、IP アドレスの代わりに FQDN を使用する必要があります。

手順

  1. デフォルトの応答ファイル /etc/foreman-installer/scenarios.d/satellite-answers.yaml をローカルファイルシステムの場所にコピーします。

    # cp /etc/foreman-installer/scenarios.d/satellite-answers.yaml \
    /etc/foreman-installer/scenarios.d/my-answer-file.yaml
  2. 設定可能なすべてのオプションを表示するには、satellite-installer --scenario satellite --help コマンドを実行します。
  3. 応答ファイルのコピーを開き、ご使用の環境に適した値を編集し、ファイルを保存します。
  4. /etc/foreman-installer/scenarios.d/satellite.yaml ファイルを開き、カスタム応答ファイルを参照する応答ファイルエントリーを編集します。

    :answer_file: /etc/foreman-installer/scenarios.d/my-answer-file.yaml
  5. satellite-installer スクリプトを実行します。

    # satellite-installer --scenario satellite