4.10. Satellite Server での送信メールの設定

Satellite Server からメールメッセージを送信するには、SMTP サーバーまたは sendmail コマンドのいずれかを使用できます。

手順

  1. Satellite Web UI で、管理設定 に移動します。
  2. Email タブをクリックして、希望する配信方法に一致する設定オプションを設定します。変更は即座に反映されます。

    1. 以下の例は、SMTP サーバーを使用する場合の設定オプションの例を示しています。

      表4.1 配信方法に SMTP サーバーを使用する例

      名前値例

      配信方法

      SMTP

      SMTP アドレス

      smtp.example.com

      SMTP 認証

      ログイン

      SMTP HELO/EHLO ドメイン

      example.com

      SMTP パスワード

      パスワード

      SMTP ポート

      25

      SMTP ユーザー名

      user@example.com

      SMTP ユーザー名SMTP パスワード では、SMTP サーバーのログイン認証情報を指定します。

    2. 以下の例では、gmail.com が SMTP サーバーとして使用されています。

      表4.2 gmail.com を SMTP サーバーとして使用する例

      名前値例

      配信方法

      SMTP

      SMTP アドレス

      smtp.gmail.com

      SMTP 認証

      plain

      SMTP HELO/EHLO ドメイン

      smtp.gmail.com

      SMTP enable StartTLS auto

      あり

      SMTP パスワード

      パスワード

      SMTP ポート

      587

      SMTP ユーザー名

      user@gmail.com

    3. 以下の例では、sendmail コマンドが配信方法として使用されています。

      表4.3 配信方法に sendmail を使用する例

      名前値例

      配信方法

      Sendmail

      Sendmail の引数

      -i -t -G

      Sendmail の引数 では、sendmail コマンドに渡すオプションを指定します。デフォルト値は、-i -t です。詳細は、sendmail 1 の man ページを参照してください。

  3. TLS 認証を使用する SMTP サーバーで電子メールを送信する場合は、以下のいずれかの手順を実行してください。

    • SMTP サーバーの CA 証明書を信頼済みとしてマークします。このようにマークするには、Satellite Server で以下のコマンドを実行します。

      # cp mailca.crt /etc/pki/ca-trust/source/anchors/
      # update-ca-trust enable
      # update-ca-trust

      ここで、mailca.crt は SMTP サーバーの CA 証明書です。

    • 別の方法では、Web UI の SMTP enable StartTLS auto オプションを No に設定します。
  4. Test email をクリックしてユーザーのメールアドレスにテストメッセージを送信し、設定が機能していることを確認します。メッセージの送信に失敗する場合は、Web UI でエラーが表示されます。詳細については、/var/log/foreman/production.log のログを確認してください。
注記

個別ユーザーまたはユーザーグループに対する電子メール通知の設定に関する詳細は、『Red Hat Satellite の管理』の「メール通知の設定」を参照してください。