5.2. 外部 DHCP を使用した Satellite Server の設定

外部の DHCP で Satellite Server を設定するには、以下の手順を実行します。

5.2.1. Satellite Server を使用するための外部 DHCP サーバーの設定

外部の DHCP サーバーを Red Hat Enterprise Linux サーバーの Satellite Server で使用できるように設定するには、ISC DHCP Service と Berkeley Internet Name Domain (BIND) パッケージをインストールする必要があります。また、DHCP 設定とリースフィアルを Satellite Server と共有する必要があります。この手順の例では、分散型の Network File System (NFS) プロトコルを使用して DHCP 設定とリースファイルを共有します。

注記

外部の DHCP サーバーとして dnsmasq を使用する場合には、dhcp-no-override の設定を有効にします。Satellite は grub2/ サブディレクトリーの配下にある TFTP サーバーに設定ファイルを作成するので、この設定を必ず有効にしてください。dhcp-no-override 設定が無効な場合には、クライアントは root ディからブートローダーと設定をフェッチするのでエラーが発生する可能性があります。

手順

  1. Red Hat Enterprise Linux Server で、ISC DHCP サービスおよび BIND (Berkeley Internet Name Domain) パッケージをインストールします。

    # yum install dhcp bind
  2. セキュリティートークンを生成します。

    # dnssec-keygen -a HMAC-MD5 -b 512 -n HOST omapi_key

    上記のコマンドを実行すると、2 つのファイルで構成されるキーペアが現在のディレクトリーに作成されます。

  3. キーからシークレットハッシュをコピーします。

    # cat Komapi_key.+*.private |grep ^Key|cut -d ' ' -f2
  4. すべてのサブネットに対して dhcpd 設定ファイルを編集し、キーを追加します。以下に例を示します。

    # cat /etc/dhcp/dhcpd.conf
    default-lease-time 604800;
    max-lease-time 2592000;
    log-facility local7;
    
    subnet 192.168.38.0 netmask 255.255.255.0 {
    	range 192.168.38.10 192.168.38.100;
    	option routers 192.168.38.1;
    	option subnet-mask 255.255.255.0;
    	option domain-search "virtual.lan";
    	option domain-name "virtual.lan";
    	option domain-name-servers 8.8.8.8;
    }
    
    omapi-port 7911;
    key omapi_key {
    	algorithm HMAC-MD5;
    	secret "jNSE5YI3H1A8Oj/tkV4...A2ZOHb6zv315CkNAY7DMYYCj48Umw==";
    };
    omapi-key omapi_key;

    option routers の値は、外部の DHCP サービスと使用する Satellite または Capsule IP アドレスに置き換える点に注意してください。

  5. キーファイルが作成されたディレクトリーから、2 つのキーファイルを削除します。
  6. Satellite Server で各サブネットを定義します。定義済みのサブネットに DHCP Capsule は設定しないでください。

    競合を回避するには、リースと予約範囲を別に設定します。たとえば、リース範囲を 192.168.38.10 から 192.168.38.100 に設定した場合には、Satellite Web UI で予約範囲を 192.168.38.101 から 192.168.38.250 に設定します。

  7. DHCP サーバーに外部アクセスできるように、ファイアウォールを設定します。

    # firewall-cmd --add-service dhcp \
    && firewall-cmd --runtime-to-permanent
  8. Satellite Server で foreman ユーザーの UID と GID を指定します。

    # id -u foreman
    993
    # id -g foreman
    990
  9. DHCP サーバーで、1 つ前の手順で定義した ID と同じ foreman ユーザーとグループを作成します。

    # groupadd -g 990 foreman
    # useradd -u 993 -g 990 -s /sbin/nologin foreman
  10. 設定ファイルにアクセスできるように、読み取りおよび実行フラグを復元します。

    # chmod o+rx /etc/dhcp/
    # chmod o+r /etc/dhcp/dhcpd.conf
    # chattr +i /etc/dhcp/ /etc/dhcp/dhcpd.conf
  11. DHCP サービスを起動します。

    # systemctl start dhcpd
  12. NFS を使用して DHCP 設定ファイルおよびリースファイルをエクスポートします。

    # yum install nfs-utils
    # systemctl enable rpcbind nfs-server
    # systemctl start rpcbind nfs-server nfs-lock nfs-idmapd
  13. NFS を使用してエクスポートする DHCP 設定ファイルとリースファイルのディレクトリーを作成します。

    # mkdir -p /exports/var/lib/dhcpd /exports/etc/dhcp
  14. 作成したディレクトリーにマウントポイントを作成するには、以下の行を /etc/fstab ファイルに追加します。

    /var/lib/dhcpd /exports/var/lib/dhcpd none bind,auto 0 0
    /etc/dhcp /exports/etc/dhcp none bind,auto 0 0
  15. /etc/fstab のファイルシステムをマウントします。

    # mount -a
  16. /etc/exports に以下の行があることを確認します。

    /exports 192.168.38.1(rw,async,no_root_squash,fsid=0,no_subtree_check)
    
    /exports/etc/dhcp 192.168.38.1(ro,async,no_root_squash,no_subtree_check,nohide)
    
    /exports/var/lib/dhcpd 192.168.38.1(ro,async,no_root_squash,no_subtree_check,nohide)

    入力する IP アドレスは、外部 DHCP サービスで使用する Satellite または Capsule IP アドレスを指定する点に注意してください。

  17. NFS サーバーをリロードします。

    # exportfs -rva
  18. ファイアウォールで DHCP omapi ポート 7911 を設定します。

    # firewall-cmd --add-port="7911/tcp" \
    && firewall-cmd --runtime-to-permanent
  19. オプション: NFS に外部からアクセスできるようにファイアウォールを設定します。クライアントは NFSv3 を使用して設定します。

    # firewall-cmd --zone public --add-service mountd \
    && firewall-cmd --zone public --add-service rpc-bind \
    && firewall-cmd --zone public --add-service nfs \
    && firewall-cmd --runtime-to-permanent

5.2.2. 外部 DHCP サーバーを使用した Satellite Server の設定

外部 DHCP サーバーを使用した Satellite Server を設定できます。

前提条件

手順

  1. nfs-utils ユーティリティーをインストールします。

    # yum install nfs-utils
  2. NFS 用の DHCP ディレクトリーを作成します。

    # mkdir -p /mnt/nfs/etc/dhcp /mnt/nfs/var/lib/dhcpd
  3. ファイルの所有者を変更します。

    # chown -R foreman-proxy /mnt/nfs
  4. NFS サーバーとの通信とリモートプロシージャコール (RPC: Remote Procedure Call) 通信パスを検証します。

    # showmount -e DHCP_Server_FQDN
    # rpcinfo -p DHCP_Server_FQDN
  5. /etc/fstab ファイルに以下の行を追加します。

    DHCP_Server_FQDN:/exports/etc/dhcp /mnt/nfs/etc/dhcp nfs
    ro,vers=3,auto,nosharecache,context="system_u:object_r:dhcp_etc_t:s0" 0 0
    
    DHCP_Server_FQDN:/exports/var/lib/dhcpd /mnt/nfs/var/lib/dhcpd nfs
    ro,vers=3,auto,nosharecache,context="system_u:object_r:dhcpd_state_t:s0" 0 0
  6. /etc/fstab でファイルシステムをマウントします。

    # mount -a
  7. foreman-proxy ユーザーがネットワークで共有したファイルにアクセスできることを確認するには、DHCP 設定ファイルとリースファイルを表示します。

    # su foreman-proxy -s /bin/bash
    bash-4.2$ cat /mnt/nfs/etc/dhcp/dhcpd.conf
    bash-4.2$ cat /mnt/nfs/var/lib/dhcpd/dhcpd.leases
    bash-4.2$ exit
  8. satellite-installer コマンドを入力して、以下の永続的な変更を /etc/foreman-proxy/settings.d/dhcp.yml ファイルに加えます。

    # satellite-installer --foreman-proxy-dhcp=true \
    --foreman-proxy-dhcp-provider=remote_isc \
    --foreman-proxy-plugin-dhcp-remote-isc-dhcp-config /mnt/nfs/etc/dhcp/dhcpd.conf \
    --foreman-proxy-plugin-dhcp-remote-isc-dhcp-leases /mnt/nfs/var/lib/dhcpd/dhcpd.leases \
    --foreman-proxy-plugin-dhcp-remote-isc-key-name=omapi_key \
    --foreman-proxy-plugin-dhcp-remote-isc-key-secret=jNSE5YI3H1A8Oj/tkV4...A2ZOHb6zv315CkNAY7DMYYCj48Umw== \
    --foreman-proxy-plugin-dhcp-remote-isc-omapi-port=7911 \
    --enable-foreman-proxy-plugin-dhcp-remote-isc \
    --foreman-proxy-dhcp-server=DHCP_Server_FQDN
  9. foreman-proxy サービスを再起動します。

    # systemctl restart foreman-proxy
  10. Satellite Server Web UI にログインします。
  11. インフラストラクチャー > Capsules に移動し、Satellite Server の場所を特定して、Actions コラムの一覧から、Refresh を選択します。
  12. DHCP サービスに適切なサブネットとドメインを関連付けます。