4.11. Satellite 向けの別の CNAME の設定

Satellite 向けに別の CNAME を設定できます。これは、Satellite に接続するクライアントシステムとは別のドメイン名で、Satellite Web インターフェースをデプロイする場合に便利です。新規証明書をホストにもう一度デプロイしなくてもいいように、Capsule をインストールして Satellite にホストを登録する前に、別の CNAME 設定を事前に計画しておく必要があります。

4.11.1. 別の CNAME を使用した Satellite の設定

以下の手順を使用して、別の CNAME で Satellite を設定します。デフォルトの Satellite 証明書のユーザーとカスタム証明書のユーザーでは、手順が異なることに留意してください。

デフォルトの Satellite 証明書を使用する場合

  • デフォルトの Satellite 証明書で Satellite をインストールし、別の CNAME で Satellite を構成する場合には、Satellite で以下のコマンドを入力して、追加の CNAME で新たにデフォルトの Satellite SSL 証明書を生成します。

    # satellite-installer --certs-cname alternate_fqdn --certs-update-server
  • Satellite をインストールしていない場合には、satellite-installer コマンドに --certs-cname alternate_fqdn オプションを追加して Satellite を別の CNAME でインストールしてください。

カスタム証明書を使用する場合

カスタム証明書で Satellite を使用する場合は、カスタム証明書の作成時に、別の CNAME レコードをカスタム証明書に追加します。詳細は、Satellite Server 向けのカスタムの SSL 証明書の作成 を参照してください。

4.11.2. ホストが別の Satellite CNAME を使用してコンテンツを管理する設定

Satellite が別の CNAME で設定されている場合には、コンテンツ管理にもう 1 つの Satellite CNAME を使用するようにホストを設定できます。これには、ホストがもう 1 つの Satellite CNAME を参照するように設定してから、Satellite に登録する必要があります。この設定は、ブートストラップスクリプトを使用するか、手動で実行できます。

ブートストラップスクリプトを使用したホストの設定

ホストで --server alternate_fqdn.example.com オプションを指定してブートストラップスクリプトを実行し、ホストを別の Satellite CNAME に登録します。

# ./bootstrap.py --server alternate_fqdn.example.com

ホストの手動設定

ホストで /etc/rhsm/rhsm.conf ファイルを編集して、以下のように別のホスト名を参照するように hostname および baseurl 設定を更新します。

[server]
# Server hostname:
hostname = alternate_fqdn.example.com

content omitted

[rhsm]
# Content base URL:
baseurl=https://alternate_fqdn.example.com/pulp/repos

これで、subscription-manager でホストを登録できました。