Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

リリースノート

Red Hat Satellite 6.9

Red Hat Satellite 向け製品情報、新機能、および既知のバグ

概要

本書では、Red Hat Satellite 向けの製品情報、新機能および既知のバグを説明します。

第1章 はじめに

Red Hat Satellite は、物理環境、仮想環境、およびクラウド環境でのシステムのデプロイ、設定、および保守を可能にするシステム管理ソリューションです。Satellite では、一元化された単一のツールを使用して複数の Red Hat Enterprise Linux デプロイメントのプロビジョニング、リモート管理、監視が可能です。

Red Hat Satellite Server は、Red Hat カスタマーポータルおよびその他のソースからのコンテンツを同期し、詳細なライフサイクル管理、ユーザーおよびグループのロールベースのアクセス制御、サブスクリプションの統合管理、高度な GUI、CLI、または API アクセスを含む機能を提供します。

Red Hat Satellite Capsule Server は、さまざまな地理的な場所でのコンテンツフェデレーションを実現するために Red Hat Satellite Server からのコンテンツをミラーリングします。ホストシステムは中央 Satellite Server からではなくローカルの Capsule Server からコンテンツおよび設定をプルできます。また、Capsule Server は Puppet マスター、DHCP、DNS、TFTP などのローカライズされたサービスも提供します。Capsule Server を使用すると、環境内で管理対象システムの数が増えたときに Red Hat Satellite を簡単にスケーリングできます。

1.1. Satellite 6 コンポーネントバージョン

Red Hat Satellite は、複数のアップストリームプロジェクトの組み合わせです。含まれるメジャープロジェクトと、Red Hat Satellite の各メジャーおよびマイナーリリースに含まれるプロジェクトのバージョンの詳細については、「Satellite 6 Component Versions」 を参照してください。

1.2. Red Hat Satellite および Proxy Server のライフサイクル

Red Hat Network Satellite と Red Hat Satellite のライフサイクルフェーズの概要および本製品のサポート状況については、「Red Hat Satellite および Proxy Server のライフサイクル」を参照してください。

1.3. Red Hat Satellite のよくある質問 (FAQ)

Red Hat Satellite 6 に関する FAQ のリストについては、「Red Hat Satellite 6 FAQ」を参照してください。

第2章 コンテンツ配信ネットワーク (CDN) のリポジトリー

このセクションでは Red Hat Satellite 6.9 のインストールに必要なリポジトリーについて説明します。

Red Hat Satellite 6.9 は、コンテンツ配信ネットワーク (CDN) からインストールすることができます。CDN からインストールするには、オペレーティングシステムのバージョンとバリアントに対する正しいリポジトリーを使用するように subscription-manager を設定します。

CDN リポジトリーを有効化するには、以下のコマンドを実行します。

# subscription-manager repos --enable=reponame

CDN リポジトリーを無効化するには、以下のコマンドを実行します。

# subscription-manager repos --disable=reponame

以下のセクションでは、Red Hat Satellite 6.9 で必要なリポジトリーについて説明します。これらのリポジトリーの 1 つがパッケージのインストールに必要な場合に、その必要なリポジトリーを有効化する手順が本書に記載されています。

2.1. Red Hat Satellite、Capsule、および Maintenance

以下の表は、Satellite Server、Capsule Server、および Satellite Maintenance のリポジトリーリストです。

表2.1 Red Hat Satellite、Capsule、および Maintenance

リポジトリー名リポジトリーラベル

Red Hat Satellite 6.9 (RHEL 7 Server 用) (RPM)

rhel-7-server-satellite-6.9-rpms

Red Hat Satellite 6.9 (RHEL 7 Server 用) (ISO)

rhel-7-server-satellite-6.9-isos

Red Hat Satellite Capsule 6.9 (RHEL 7 Server 用) (RPM)

rhel-7-server-satellite-capsule-6.9-rpms

Red Hat Satellite Maintenance 6 (RHEL 7 Server 用) (RPM)

rhel-7-server-satellite-maintenance-6-rpms

2.2. Red Hat Satellite Tools

以下の表は、Red Hat Satellite Tools のリポジトリーリストです。

表2.2 Red Hat Satellite Tools for Red Hat Enterprise Linux 6

リポジトリー名リポジトリーラベル

Red Hat Satellite Tools 6.9 (RHEL 6 Server 用 - ELS) (RPM)

rhel-6-server-els-satellite-tools-6.9-rpms

Red Hat Satellite Tools 6.9 (RHEL 6 for System Z 用- ELS) (RPM)

rhel-6-for-system-z-els-satellite-tools-6.9-rpms

表2.3 Red Hat Satellite Tools for Red Hat Enterprise Linux 7

リポジトリー名リポジトリーラベル

Red Hat Satellite Tools 6.9 (RHEL 7 Desktop 用) (RPM)

rhel-7-desktop-satellite-tools-6.9-rpms

Red Hat Satellite Tools 6.9 (RHEL 7 Server 用) (RPM)

rhel-7-server-satellite-tools-6.9-rpms

Red Hat Satellite Tools 6.9 (RHEL 7 Server 用 - EUS) (RPM)

rhel-7-server-eus-satellite-tools-6.9-rpms

Red Hat Satellite Tools 6.9 (RHEL 7 Server 用 - Update Services SAP Solutions) (RPM)

rhel-7-server-e4s-satellite-tools-6.9-rpms

Red Hat Satellite Tools 6.9 (RHEL 7 Server 用 - TUS) (RPM)

rhel-7-server-tus-satellite-tools-6.9-rpms

Red Hat Satellite Tools 6.9 (RHEL 7 Server 用- AUS) (RPM)

rhel-7-server-aus-satellite-tools-6.9-rpms

Red Hat Satellite Tools 6.9 (RHEL 7 Workstation 用) (RPM)

rhel-7-workstation-satellite-tools-6.9-rpms

Red Hat Satellite Tools 6.9 (RHEL 7 for System Z 用) (RPM)

rhel-7-for-system-z-satellite-tools-6.9-rpms

Red Hat Satellite Tools 6.9 (RHEL 7 for System Z 用 - EUS) (RPM)

rhel-7-for-system-z-eus-satellite-tools-6.9-rpms

Red Hat Satellite Tools 6.9 (RHEL 7 for IBM Power 用) (RPM)

rhel-7-for-power-satellite-tools-6.9-rpms

Red Hat Satellite Tools 6.9 (RHEL 7 for IBM Power 用 - EUS) (RPM)

rhel-7-for-power-eus-satellite-tools-6.9-rpms

Red Hat Satellite Tools 6.9 (RHEL 7 for IBM Power LE 用) (RPM)

rhel-7-for-power-le-satellite-tools-6.9-rpms

Red Hat Satellite Tools 6.9 (RHEL 7 for IBM Power LE 用 - EUS) (RPM)

rhel-7-for-power-le-eus-satellite-tools-6.9-rpms

Red Hat Satellite Tools 6.9 (RHEL 7 for IBM Power LE 用 - Update Services SAP Solutions) (RPM)

rhel-7-for-power-le-e4s-satellite-tools-6.9-rpms

Red Hat Satellite Tools 6.9 (RHEL 7 for Scientific Computing 用) (RPM)

rhel-7-for-hpc-node-satellite-tools-6.9-rpms

Red Hat Satellite Tools 6.9 (RHEL 7 for Scientific Computing 用 - EUS) (RPM)

rhel-7-for-hpc-node-eus-satellite-tools-6.9-rpms

Red Hat Satellite Tools 6.9 (RHEL 7 for POWER9 用) (RPM)

rhel-7-for-power-9-satellite-tools-6.9-rpms

Red Hat Satellite Tools 6.9 (RHEL 7 Server for ARM 用) (RPM)

rhel-7-for-arm-64-satellite-tools-6.9-rpms__7Server

Red Hat Satellite Tools 6.9 (RHEL 7 for IBM System Z 用 - Structure A) (RPM)

rhel-7-for-system-z-a-satellite-tools-6.9-rpms__7Server

表2.4 Red Hat Satellite Tools for Red Hat Enterprise Linux 8

リポジトリー名リポジトリーラベル

Red Hat Satellite Tools 6.9 for RHEL 8 x86_64 (RPM)

satellite-tools-6.9-for-rhel-8-x86_64-rpms

Red Hat Satellite Tools 6.9 (RHEL 8 s390x 用) (RPM)

satellite-tools-6.9-for-rhel-8-s390x-rpms

Red Hat Satellite Tools 6.9 (RHEL 8 ppc64le 用) (RPM)

satellite-tools-6.9-for-rhel-8-ppc64le-rpms

Red Hat Satellite Tools 6.9 (RHEL 8 aarch64 用) (RPM)

satellite-tools-6.9-for-rhel-8-aarch64-rpms

Red Hat Satellite Tools 6.9 (RHEL 8 x86_64 - 延長アップデートサポート (EUS) 用) (RPM)

satellite-tools-6.9-for-rhel-8-x86_64-eus-rpms

Red Hat Satellite Tools 6.9 (RHEL 8 IBM z Systems - 延長アップデートサポート(EUS) 用)(RPM)

satellite-tools-6.9-for-rhel-8-s390x-eus-rpms

Red Hat Satellite Tools 6.9 (RHEL 8 Power、Little Endian - 延長アップデートサポート(EUS) 用)(RPM)

satellite-tools-6.9-for-rhel-8-ppc64le-eus-rpms

Red Hat Satellite Tools 6.9 (RHEL 8 ARM 64 - 延長アップデートサポート (EUS) 用) (RPM)

satellite-tools-6.9-for-rhel-8-aarch64-eus-rpms

Red Hat Satellite Tools 6.9 (RHEL 8 x86_64 用 - Update Services SAP Solutions) (RPM)

satellite-tools-6.9-for-rhel-8-x86_64-e4s-rpms

Red Hat Satellite Tools 6.9 (RHEL 8 Power、little endian 用 - Update Services SAP Solutions) (RPM)

satellite-tools-6.9-for-rhel-8-ppc64le-e4s-rpms

Red Hat Satellite Tools 6.9 (RHEL 8 x86_64 - Advanced Mission Critical Update Support (AUS) 用) (RPM)

satellite-tools-6.9-for-rhel-8-x86_64-aus-rpms

Red Hat Satellite Tools 6.9 (RHEL 8 x86_64 用 - Telecommunications Update Service) (RPM)

satellite-tools-6.9-for-rhel-8-x86_64-tus-rpms

第3章 ドキュメントセットの重要な変更

今回のリリースでは、Red Hat Satellite のドキュメントセットに、以下に示すいくつかの重要な変更が加えられました。

Satellite で Ansible を使用するための設定
ドキュメントに、 Red Hat Satellite と Ansible を連携して使用する方向けに明確な説明を提供するために 『Satellite で Ansible を使用するための設定』が追加されました。『Red Hat Satellite』および『ホストの管理』ガイドに含まれていた Ansible の使用に関する情報は削除され、『Satellite で Ansible を使用するための設定』イドにまとめられています。
Conscious Language Initiative (コンシャスランゲージイニシアチブ)
Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。まずは、マスター (master)、スレーブ (slave)、ブラックリスト (blacklist)、ホワイトリスト (whitelist) の 4 つの用語の置き換えから始めます。この取り組みは膨大な作業を要するため、今後の複数のリリースで段階的に用語の置き換えを実施して参ります。詳細は、弊社 の CTO、Chris Wright のメッセージ を参照してください。

第4章 テクノロジープレビュー機能

重要

テクノロジープレビュー機能は、Red Hat の実稼働サービスレベルアグリーメント (SLA) でサポートされておらず、機能的に完全でない可能性があります。Red Hat は、実稼働環境での使用は推奨していません。これらの機能により、近日発表予定の製品機能をリリースに先駆けてご提供でき、お客様は開発プロセス時に機能をテストして、フィードバックをお寄せいただくことができます。詳細は、「テクノロジープレビュー機能のサポート範囲」を参照してください。

以下の機能は、Red Hat Satellite のテクノロジープレビューとして利用できます。

Container-native Virtualization Plug-in (コンテナーネイテイブの仮想化プラグイン)
Container-native Virtualization を使用した仮想マシンのプロビジョニング
カーネル実行 (kexec) テンプレート
PXE なしの起動方法が含まれるカーネル実行テンプレートです。

第5章 リリースの情報

本リリースノートには主に、今回リリースされた Red Hat Satellite 6 のデプロイメント時に考慮すべきテクノロジープレビューの項目、推奨事項、既知の問題、非推奨となった機能について記載します。Red Hat Satellite 6 の本リリースのサポートライフサイクル中にリリースされた更新についての注記は、各更新に付属のアドバイザリーテキストに表示されます。

5.1. 機能拡張

Red Hat Satellite 6 の本リリースには以下の拡張機能が含まれます。

登録時に SSH キーをホストにデプロイする機能
Satellite では、グローバル登録テンプレートを使用してホストを Satellite に登録する時に、SSH キーをホストに自動的にデプロイできるようになりました。
登録時にホストを Insights に登録する機能
Satellite ユーザーは、グローバル登録テンプレートを使用して、登録時に Insights でホストをインストールおよび設定することができるようになりました。
複数のホストでシステム目的を設定または編集する機能
Satellite をユーザーは、一括アクションおよびリモート実行を使用して、複数のホストでシステム目的を設定または編集できるようになりました。
Red Hat SSO を使用して TOTP (Time-Based One-Time Password) で認証する機能
Red Hat Satellite では、Red Hat SSO を使用して TOTP (Time-Based One-Time Password) で認証できるようになりました。
Satellite Web UI でのテンプレート作成の参照ドキュメント
Satellite では、Satellite Web UI でテンプレート作成の参照ドキュメントが提供されるようになりました。
デフォルトでのインベントリーアップロードの有効化
Satellite では、デフォルトでインベントリーのアップロードが有効になりました。
Insights アクションの検出機能
Satellite ユーザーには、推奨の Insights アクションが提示されるようになり、ホストページに Insights の検索結果が表示されるようになりました。
強制的に Playbook 検証を実行する機能
Satellite には、Playbook の検証を実行する機能が追加されました。console.redhat.com で不正な署名を使用するか、署名なしで偽の Playbook を実行しようとすると、Playbook の実行に失敗します。この保護はデフォルトで有効になりました。
Satellite Manifests (RHSM) では、Simple Content Access (SCA) がデフォルトで有効になっています。

デフォルトでは、Satellite の新規インストール (または既存の Satellite の新規組織) では、コンテンツアクセスモードとして SCA が含まれるようになりました。

注記
  • Satellite は、以前のバージョンからアップグレードされた Satellite (またはアップグレードされた Satellite の組織) には、既存のコンテンツアクセスモードが引き継がれます。
  • Satellite Web UI からマニフェストの SCA を有効または無効にできます。
Foreman サービスおよび Puma Web サーバー

Satellite では、Passenger Web サーバーを使用しないことになりました。今後は、Ruby アプリケーションには Puma Web サーバー (マルチプロセスおよびマルチスレッドのアプリケーションサーバー) を使用します。デフォルトでは、Puma は 2 つのワーカーでデプロイされており、各ワーカーは最大 16 スレッドまで使用できます。この変更により、Satellite では Ruby Web アプリケーションを実行するスタンドアロンのサービス (foreman.service) とソケット (foreman.socket) が導入されました。Apache が SSL 終端を処理するリバースプロキシーとして動作するようになりました。

foreman.socket 機能:

  • これは、オープンな接続を保持できる systemd ソケットです。
  • foreman.service が実行されていない場合は、アクティベートできます。たとえば、foreman.service が再起動中の場合や、何らかの理由でシャットダウンした場合は、リクエストの作成が可能で、Apache は foreman.socket と通信します。これにより、foreman.socket は接続を開き、foreman.service をトリガーしてアクティベートすることができます。

foreman.service 機能:

  • プライマリーサービスは、再起動 (またはステータスチェック) が必要な場合には foreman になります。以下のコマンドを実行してサービスを再起動することができます。

    # systemctl restart foreman
  • Ruby Web アプリケーションは、Apache をシャットダウンせずに再起動できます (例: Pulp)。
  • Apache は、Web アプリケーションを再起動せずにすぐに再起動できます。
  • foreman サービスは、unix ソケットを介して実行され、Apache は unix ソケットを介して通信します。

Web サーバーの詳細は、https://puma.io を参照してください。

5.2. 既知の問題

現時点で Red Hat Satellite 6 の既知の問題は以下のとおりです。

hammer task resume コマンド

hammer task resume コマンドを実行すると、一時停止しているタスクがすべて再開されず、「Please provide of the search or task_ids parameters in the request」というエラーが表示されます。

BZ#1895324

http-proxy が設定された Satellite 設定でリポジトリーの有効化に失敗する

http-proxy が設定された Satellite インストールでリポジトリーを有効にすると 404 エラーが表示されて失敗します。

BZ#1907864

コンテンツホストの削除または登録解除ができません

コンテンツホストが現在のバージョンにアップグレードする前に登録された場合には、削除または登録解除ができません。以下のエラーが生成されます。“ERROR: update or delete on table "hosts" violates foreign key constraint”

BZ#1917506

hammer scap-content bulk-upload コマンドが想定どおりに動作しない

hammer scap-content bulk-upload コマンドでは Satellite にデフォルトの SCAP コンテンツを想定通りにアップロードできません。以下のエラーが生成されます。“Error: No such sub-command 'bulk-upload'.”

BZ#1905041

FIPS 対応の RHEL8 ホストでグローバル登録の curl コマンドがエラーで失敗する

FIPS 対応の RHEL8 ホストでグローバル登録の curl コマンドを実行すると、以下のエラーで katello-ca-consumer インストール手順で失敗します。“Error: Transaction test error: package katello-ca-consumer-hostname.redhat.com-1.0-1.noarch does not verify: no digest”

BZ#1923320

Satellite を現在のバージョンにアップグレードすると default_download_policy が変更される

Satellite をこのバージョンにアップグレードすると、default_download_policy は「on_demand」から「immediate」に変わります。

BZ#1914751

一部の appstream リポジトリーで Capsule から Satellite の同期に失敗する

これは、一部のベータで Pulp 3 を使用しているお客様にのみ該当する点に注意してください。ご不明な点がございましたら、TAM にお問い合わせください。

pulp3 を実行する Satellite から pulp2 を実行している Capsule を同期すると、appstream リポジトリーの一部に失敗します。

BZ#1954839

動的ワークフローのステップでコンテンツビューの公開に失敗する

これは、一部のベータで Pulp 3 を使用しているお客様にのみ該当する点に注意してください。ご不明な点がございましたら、TAM にお問い合わせください。

フィルターでコンテンツビューを公開し、依存関係を true (depsolve=true) に設定すると、アサートに失敗します。dynflow の手順 Actions::Pulp3::Repository::MultiCopyContent に失敗します。

BZ#1934545

5.3. 非推奨の機能

このセクションでは、サポートされなくなった機能、または今後のリリースでサポートされなくなる予定の機能について記載します。

Bootstrap.py
ホストの Satellite Server または Capsule Server への登録に bootstrap.py スクリプトを使用していましたが、グローバル登録テンプレートで作成した curl コマンドが使用されるようになりました。
External Node Classifier (外部ノードの分類子)
Satellite の Puppet のサポートおよび External Node Classifier (ENC) としての機能は非推奨になり、今後のリリースで削除予定です。自動化や設定のニーズに対応するには Ansible への移行または、外部 Puppet インフラストラクチャーへの移動を検討してください。
Puppet 実行 API
apidoc でビルドされる Puppet 実行 API エンドポイント /api/hosts/:id/puppetrun および CLI コマンドが今回の Satellite バージョンで非推奨になります。
CDN のコンテンツ ISO
CDN で利用可能なコンテンツ ISO は本バージョンで非推奨となり、今後のリリースで削除予定です。Satellite がネットワークに接続されている場合にコンテンツ ISO を作成できます。
RHEV API V3
RHEV API v3 は本バージョンで非推奨となり、次のリリースで削除されます。
katello-agent
Katello エージェントは非推奨となり、今後のリリースで削除予定です。ワークロードでリモート実行機能が使用されるように移行してください。
pulp-puppet-module ビルダー
Puppet コンテンツ管理および pulp-puppet-module ビルダーは本バージョンで非推奨となり、次のリリースで削除予定です。
OSTree および Puppet のコンテンツタイプ

以下の OSTree および Puppet コンテンツタイプの管理操作は非推奨となり、今後のリリースで削除予定です。

  • OSTree リポジトリーおよび Puppet リポジトリーを作成する。
  • OSTree リポジトリーおよび Puppet リポジトリーを同期する。
  • OSTree および Puppet コンテンツタイプのリポジトリーをコンテンツビューに追加する。
  • ライフサイクル環境全体で、OSTree および Puppet コンテンツタイプのリポジトリーを含むコンテンツビューを公開およびプロモートする。
Delta RPM (drpm) のサポート
Delta RPM (drpm) のサポートはこのバージョンでは非推奨となり、次のリリースで削除予定です。
katello-ca-consumer パッケージ
katello-ca-consumer パッケージは今回のバージョンで非推奨となり、今後のリリースで削除される予定です。グローバル登録テンプレートを使用したホストの Satellite への登録
Red Hat Access Insights プラグイン
Red Hat Access Insights プラグインは本バージョンで非推奨となり、今後のリリースで削除予定です。

5.4. 削除された機能

katello-host-tools
RHEL 5 の katello-host-tools サポートは、本バージョンの Satellite で削除されました。
Puppet 実行
今回の Satellite バージョンで、Puppet 実行機能は削除されました。これには、Satellite Web UI の Puppet 実行ボタンおよび設定、ロールの puppetrun_hosts パーミッションおよびインストーラーでの関連オプションの削除などが含まれます。
統計 (Web UI ページ)
Satellite Web UI の Monitor > Statistics ページは Satellite 6.8 で非推奨になりました。Satellite の本バージョンで削除されました。
進捗 (Web UI ページ)
Satellite Web UI の Monitor > Trends ページは Satellite 6.8 で非推奨になりました。Satellite の本バージョンで削除されました。
汎用およびホストの起動ディスク
汎用およびホストの起動ディスクは Satellite 6.8 で非推奨となり、今後の Satellite リリースで無効になります。今後唯一起動ディスクとしてサポートされるのは、サブネットおよび完全なホストの起動ディスクのみです。