Menu Close

5.2. プロビジョニングされたシステムでの Puppet エージェントの設定

プロビジョニングプロセスの一環として、Satellite 6 は Puppet をシステムにインストールします。このプロセスでは、選択した Capsule 上の Puppet マスターのエージェントとして Puppet を設定する /etc/puppetlabs/puppet/puppet.conf ファイルもインストールします。この設定ファイルは、Satellite 6 のプロビジョニングテンプレートスニペットとして保存されます。Hosts > Provisioning templates に移動し、puppet.conf スニペットをクリックして表示します。

デフォルトの puppet.conf スニペットには、以下のエージェント設定が含まれます。

[agent]
pluginsync      = true
report          = true
ignoreschedules = true
daemon          = false
ca_server       = <%= @host.puppet_ca_server %>
certname        = <%= @host.certname %>
environment     = <%= @host.environment %>
server          = <%= @host.puppetmaster %>

このスニペットには、以下のようなテンプレート変数が含まれます。

  • @host.puppet_ca_server and@host.certname: Puppet 通信の セキュリティー を保護するための証明書および認証局。
  • @host.environment: 設定に使用する Satellite 6 サーバーの Puppet 環境。
  • @host.puppetmaster: Puppet マスターを含むホスト。これは、Satellite 6 Server の内部 Capsule または外部 Satellite Capsule です。