Menu Close

2.3. 新しいモジュールボイル Pilerplate の生成

新しいモジュール作成の最初のステップは、Puppet モジュールディレクトリーに移動して基本的なモジュール構造を作成することです。この構造を手動で作成するか、Puppet を使用してモジュールの通貨を作成します。

# cd /etc/puppetlabs/code/modules
# puppet module generate user_name-module_name

インタラクティブなウィザードが表示され、モジュールの metadata .json ファイルをメタデータ でポップアップします。

モジュールの生成プロセスが完了すると、新しいモジュールには manifests ディレクトリーなどの基本ファイルが含まれます。このディレクトリーには、モジュールの主要なマニフェストファイルである init.pp という名前のマニフェストファイルがすでに含まれています。ファイルを表示して、モジュールの空のクラス宣言を表示します。

class mymodule {


}

モジュールには、init.pp という名前のマニフェストが含まれる examples ディレクトリーも含まれています。このテストマニフェストには manifests/init.pp 内の mymodule クラスへの参照が含まれます。

include::mymodule

Puppet はこのテストマニフェストを使用してモジュールをテストします。

これで、システム設定をモジュールに追加する準備が整いました。