Menu Close

6.2. 既存のクライアントへの設定の適用

Red Hat Satellite 6 でプロビジョニングされていない既存のクライアントに Puppet 設定を適用する必要がある場合があります。このような場合には、Red Hat Satellite 6 に登録した後に、既存のクライアントに Puppet をインストールして設定します。

既存のシステムを Red Hat Satellite 6 に登録します。既存のホストの登録に関する情報は、『ホスト の管理』「ホストの登録 」を参照してください。

重要

このパッケージは、Red Hat Satellite Tools 6.7 リポジトリーに含まれます。次のステップに進む前に、このリポジトリーを有効にするようにしてください。

Puppet エージェントをインストールし、有効にする方法:

  1. ホストでターミナルを開き、root でログインします。
  2. Puppet エージェントをインストールします。

    # yum install puppet
  3. システムの起動時に Puppet エージェントが起動するように設定します。

    • Red Hat Enterprise Linux 6 の場合:

      # chkconfig puppet on
    • Red Hat Enterprise Linux 7 の場合:

      # systemctl enable puppet

Puppet エージェントの設定

  1. /etc/puppetlabs/puppet/puppet.conf ファイルを変更して Puppet エージェントを設定します。

    # vi /etc/puppetlabs/puppet/puppet.conf
    [main]
        # The Puppet log directory.
        # The default value is '$vardir/log'.
        logdir = /var/log/puppet
    
        # Where Puppet PID files are kept.
        # The default value is '$vardir/run'.
        rundir = /var/run/puppet
    
        # Where SSL certificates are kept.
        # The default value is '$confdir/ssl'.
        ssldir = $vardir/ssl
    
    [agent]
        # The file in which puppetd stores a list of the classes
        # associated with the retrieved configuratiion.  Can be loaded in
        # the separate puppet executable using the --loadclasses
        # option.
        # The default value is '$confdir/classes.txt'.
        classfile = $vardir/classes.txt
        pluginsync = true
        report = true
        ignoreschedules = true
        daemon = false
        ca_server = satellite.example.com
        server = satellite.example.com
        environment = KT_Example_Org_Library_RHEL6Server_3
    
        # Where puppetd caches the local configuration.  An
        # extension indicating the cache format is added automatically.
        # The default value is '$confdir/localconfig'.
        localconfig = $vardir/localconfig
    重要

    Satellite Server から、environment パラメーターをホストの Puppet 環境に設定します。Puppet 環境ラベルには、組織ラベル、ライフサイクル環境、コンテンツビュー名、およびコンテンツビュー ID が含まれます。Satellite 6 Web UI の Puppet 環境の一覧を表示するには、Configure > Environments の順に移動します。

  2. ホスト上で Puppet エージェントを実行します。

    # puppet agent -t --server satellite.example.com
  3. Satellite Server Web インターフェースを使って Puppet クライアント用の SSL 証明書に署名します。

    1. Web UI から Satellite Server にログインします。
    2. インフラストラクチャー > Capsles を選択 ます。
    3. 必要なホストの右側にある <guibutton>証明書</guibutton> をクリックします。
    4. Sign をクリックします。
    5. puppet agent コマンドを再度実行します。

      # puppet agent -t --server satellite.example.com
注記

Puppet エージェントがホストに設定されている場合、All Hosts の下に一覧表示されますが、ホストは組織または場所に割り当てられないため、Context が選択される場合にのみ一覧表示されます。