Menu Close

3.13. Puppet マスターからのパラメーター化されたクラスのインポート

以下の手順では、Puppet マスターからパラメーター化されたクラスをインポートします。

注記

パラメーター化されたクラスのインポートは、Puppet モジュールが製品およびコンテンツビューで管理される場合に自動的に実行されます。

パラメーター化されたクラスの設定

  1. Satellite web UI では、コンテキストメニューから <guilabel>組織</guilabel> および <guilabel>ロケーション</guilabel> を選択します。
  2. Configure > Puppet Classes を クリックします。
  3. Import from Host Name をクリックして、Puppet マスターからパラメーター化されたクラスをインポートします。
  4. <guilabel>Puppet クラス</guilabel> ページが新規クラスの一覧と共に表示されます。