Menu Close

第4章 ホスト情報の保存および維持

Red Hat Satellite 6 はアプリケーションの組み合わせを使用して管理対象ホストについての情報を収集し、それらのホストがあるべき状態で維持されるようにします。これらのアプリケーションには以下が含まれます。これらのアプリケーションには以下が含まれます。

  • Foreman: 物理および仮想システムのプロビジョニングおよびライフサイクル管理を提供します。Foreman は、キックスタート、Puppet モジュールなど、さまざまな方法を使用してこれらのシステムを自動的に設定します。
  • Puppet: ホストを設定するためのクライアント/サーバーアーキテクチャーです。Puppet マスター (サーバー) および Puppet エージェント (クライアント) で構成されます。
  • facter: Puppet のシステムインベントリーツール。facter は、ハードウェアの詳細、ネットワーク設定、OS タイプおよびバージョン、IP アドレス、MAC アドレス、SSH キーなど、ホストに関する基本情報(ファクト)を収集します。その後、これらのファクトは、Puppet マニフェストで変数として利用可能になります。

Puppet、Facter およびファクトの使用については、以下で詳述します。

4.1. Puppet アーキテクチャー

Puppet は通常、エージェント/マスター (クライアント/サーバーとしても知られる) アーキテクチャーで実行されます。ここで、Puppet サーバーは重要な設定情報を管理し、管理対象ホスト (クライアント) は独自の設定カタログのみを要求します。Puppet は以下の 2 つの手順でホストを設定します。Puppet は 2 つの手順でホストを設定します。

  • カタログのコンパイル
  • カタログの該当ホストへの適用

エージェント/マスターの設定では、Puppet クライアントはファクトが収集したファクトを Puppet マスターに送信します。Puppet マスターはこれらのファクトに基づいてカタログをコンパイルし、このカタログをクライアントに送信します。クライアントは発生し --noop たすべての変更のレポートを Puppet マスターに送信します。これにより、結果が Foreman に送信します。このカタログは、1 つの特定ホストの必要な状態について説明しています。これは、それらのリソース間の依存関係を含め、そのホストで管理するリソースを一覧表示します。エージェントはカタログをホストに適用します。

マスターとエージェント間のこの通信は、デフォルトで 30 分ごとに行われます。/etc/puppetlabs/puppet/puppet.conf ファイルに別の値を指定するには、runinterval パラメーターを使用します。を実行 puppet agent apply して手動で通信を開始することもできます。