Menu Close

第1章 概要

Puppet は、システム設定を適用および管理するためのツールです。Puppet はシステム情報(またはファクト)を収集し、この情報を使用してモジュールセットを使用してカスタマイズされたシステム設定を作成します。これらのモジュールには、パラメーター、条件引数、アクション、テンプレートが含まれます。Puppet は、ローカルシステムコマンドラインツールまたはクライアントサーバー関係で使用されます。この場合、サーバーは Puppet マスターとして機能し、Puppet エージェントを使用して複数のクライアントシステムに設定を適用します。これにより、特定のインフラストラクチャーを作成するために、新たにプロビジョニングされたシステムを自動的に設定することができます。

1.1. Puppet ワークフローの定義

Puppet は、以下のワークフローを使用して設定をシステムに適用します。

  1. 各システムについてのファクトを収集します。これらのファクトには、ハードウェア、オペレーティングシステム、パッケージバージョンなどの情報を含めることができます。各システムの Puppet エージェントはこの情報を収集して、Puppet マスターに送信します。
  2. Puppet マスターは、各システムのカスタム設定を生成し、Puppet エージェントに送信します。このカスタム設定はカタログと呼ばれます。
  3. Puppet エージェントは設定をシステムに適用します。
  4. Puppet エージェントは、適用された変更および変更に失敗したかどうかを示す Puppet マスターにレポートを送信します。
  5. サードパーティーアプリケーションは、Puppet の API を使用してこれらのレポートを収集できます。