第3章 Red Hat Satellite 6 への Puppet モジュールの追加

Puppet モジュールは、Red Hat Satellite 6 の Satellite 製品の一部を形成します。つまり、カスタム製品を作成し、そのプロダクトの基盤となるモジュールをアップロードする必要があります。たとえば、カスタム製品は、HTTP サーバー、データベース、およびカスタムアプリケーションの設定に必要な Puppet モジュールセットで構成される可能性があります。カスタム製品には、アプリケーションに適用される RPM パッケージが含まれるリポジトリーを含めることもできます。

3.1. カスタム製品の作成

Puppet モジュールを追加する最初のステップは、カスタム製品を作成することです。

カスタム製品の作成

  1. Red Hat Satellite Server のバックアップ:
  2. Content > Products の順 に移動します。
  3. 製品の作成
  4. カスタム製品に Name を提供します。この例では、を名前 MyProduct として使用します。
  5. Label フィールドには 、Name に基づいてラベルが自動的に設定されます。
  6. 必要に応じて GPG キー同期プラン、および 説明 を指定します。この例では、これらのフィールドは空白のままにします。
  7. 「Save」をクリックします。

CLI をご利用の場合

以下のコマンドを使用してカスタムの製品を作成します。

# hammer product create \
--name "MyProduct" \
--organization "Default Organization"