Menu Close

3.10. 親ホストグループを使用したファクトの適用

親ホストグループを使用して、複数のホストグループのメンバーにファクトを適用することができます。

前提条件

  • ホストが割り当てられたホストグループがある。
  • ホストグループが割り当てられた親ホストグループがある。

複数のホストグループのメンバーへのファクトの適用

  1. Satellite Web UI で、Configure > Classes の順に移動します。
  2. 使用する Puppet クラスを選択します。
  3. スマートクラスパラメーターを更新します。
  4. 左側の一覧からパラメーターを選択します。
  5. オプション: Description フィールドを編集して、プレーンテキストのノートを追加します。
  6. Override を選択して、この変数に対する Satellite コントロールを付与します。
  7. 渡するデータの Parameter type を選択します。これは最も一般的な文字列ですが、他のデータ型もサポートされます。
  8. ホストが一致しない場合に Puppet Master に送信されるパラメーターの <guilabel>Default Value</guilabel> を入力します。
  9. オプション: オーバーライド一致が発生し ない 限り、値を Puppet マスターに送信しないように選択します。
  10. フィールドに作業中に表示したくないデータがが含まれる場合、オプションで <guilabel>非表示の値</guilabel> を選択します。
  11. オプション: Optional Input Validator セクションを使用して、パラメーターの値を制限します。Validator Type を選択し、コンマ区切りの値または正規表現の regexp のいずれかのリストで、Validator ルール フィールドに、許可される値または正規表現コードを追加します。
  12. Preoritize Attribute Order エリアで、リスト内のエントリーを調整して、ホスト属性またはファクトをマッチ元に対して評価する 優先 順位 を設定します。をデフォルトの一覧に追加できます。マッチャーの間に論理 AND 条件を作成するには、マッチダーを 1 行にコンマ区切りリストとして配置します。
  13. Specify Matchers エリアAdd Matcher をクリックし、条件引数を追加します。
  14. 属性タイプhostgroup に設定します。
  15. = 署名後に、照合するホストグループを入力します。この例では、親ホストグループです。
  16. Value フィールドに、親ホストグループに属するコンテンツホストに送信する値を入力します。
  17. Submit をクリックします。

    親ホストグループがホストグループの階層の一部である場合は、マッチング元の値()に、すべてのネゴシエーションを入力します top_host_group/intermediate_host_group/parent_host_group