第9章 Satellite Server 間でのコンテンツ同期

Red Hat Satellite 6.8 は、Inter-Satellite Synchronization (ISS) を使用して、コンテンツの Satellite Server 間、または Satellite Server の組織間を同期します。

以下のシナリオで ISS を使用することができます。

  • オンラインの Satellite Server とオフラインの Satellite Server の両方があり、オンラインのサーバーからオフラインのサーバーへコンテンツをコピーする場合。たとえば、セキュリティーなどの理由で、管理インフラストラクチャーを完全に分離する必要がある場合などです。
  • Satellite Server の一部のコンテンツのみを他の Satellite Server にコピーする場合。たとえば、IT 部門が検証するコンテンツビューが Satellite Server であり、このコンテンツビューのコンテンツを他の Satellite Server へコピーする場合などです。
  • ある組織のコンテンツビューのクローンを Satellite Server の別の組織に作成する場合。

ISS は、Satellite Server から Capsule Server へのコンテンツの同期には使用できません。Capsule Server はネイティブで同期をサポートします。詳細は、『Red Hat Satellite 6 の計画』の「Capsule Server の概要」を参照してください。

9.1. コンテンツビューバージョンのエクスポート

コンテンツビューのバージョンを、Satellite Server からアーカイブファイルにエクスポートして、このアーカイブファイルを使用し、別の Satellite Server か、別の Satellite Server の組織に同じコンテンツビューバージョンを作成します。Satellite では、複合コンテンツビューはエクスポートされません。エクスポートしたアーカイブファイルには、以下のデータが含まれます。

  • コンテンツビューバージョンのメタデータが含まれる JSON ファイル
  • コンテンツビューバージョンに組み込まれる全リポジトリーを含むアーカイブファイル

Satellite Server は、コンテンツビューのバージョンに追加された RPM およびキックスタートファイルのみをエクスポートします。Satellite では、以下の内容はエクスポートされません。

  • Puppet コンテンツ
  • Docker コンテンツ
  • OSTree コンテンツ
  • パッケージフィルターなど、コンテンツビューの定義およびメタデータ

hammer content-view version export コマンドの変更

hammer content-view version export および hammer content-view version import の新しいコマンドは、以前の Satellite のバージョンのコマンドと機能の仕方が違います。以前の機能は、hammer content-view version export-legacy コマンドで引き続き利用できます。このような以前の機能には、新機能に存在しない以下の機能が含まれます。

  • オンラインの Satellite Server からオフラインの Satellite Server に直接パッチを適用できます。hammer content-view version export-legacy は、CDN の構造をエクスポートするので、Red Hat カスタマーポータルからの DVD ISO を使用する必要はありません。
  • yum 以外のコンテンツを含むコンテンツビューをエクスポートする場合は、hammer content-view version export-legacy を使用すると、yum 以外のコンテンツをスキップしてコンテンツビューをエクスポートしますが、hammer content-view version export は、yum 以外のリポジトリーを削除するようにプロンプトを表示して失敗します。

以前の機能の使用に関する詳細情報は、『Satellite 6.4 コンテンツ管理ガイド』の「Satellite Server 間でのコンテンツ同期」を参照してください。

前提条件

コンテンツビューをエクスポートするには、エクスポートする Satellite Server が、以下の条件を満たしていることを確認します。

  • エクスポートディレクトリーに、エクスポートに対応できる空き容量があることを確認する。
  • /var/lib/pulp/ ディレクトリーに、エクスポートプロセス中に作成された一時ファイルに、エクスポートされるリポジトリーのサイズと同じ空き容量があることを確認する。
  • /var/cache/pulp ディレクトリーに、エクスポートプロセス中に作成される一時ファイルに、エクスポートされるリポジトリーのサイズの 2 倍の空き容量があることを確認する。
  • エクスポートするコンテンツビュー内の全リポジトリーでダウンロードポリシーを 即時 に設定していることを確認する。詳しい情報は 「ダウンロードポリシーの概要」 を参照してください。
  • リポジトリー設定ページで、インポートするリポジトリーの Mirror on Sync チェックボックスの選択が解除されていることを確認する。
  • エクスポートする製品が、必要な日付に同期されることを確認する。

コンテンツビューバージョンをエクスポートする方法

  1. コンテンツビューを一覧表示して、エクスポートするコンテンツビューバージョンの ID を特定します。

    # hammer content-view version list \
    --organization "Default Organization"
  2. コンテンツビューのバージョンをエクスポートします。--export-dir オプションを使用してエクスポートを保存するディレクトリー、--id オプションを使用してエクスポートするコンテンツビューバージョン の ID を指定します。pulp_export_destination 設定は、この手順では動作しません。

    # hammer content-view version export --export-dir export_directory \
    --id content_view_version_ID
  3. エクスポートしたコンテンツビューバージョンが含まれるアーカイブが、エクスポートディレクトリーにあることを確認します。

    # ls export_directory
    export-1.tar