7.2. アプリケーションライフサイクルでのコンテンツのプロモーション

アプリケーションライフサイクルチェーンで、ある環境から次の環境へコンテンツが移動することは、プロモーション と呼ばれます。

Satellite ライフサイクル環境のコンテンツプロモーションの例

各環境には、Red Hat Satellite 6 に登録したシステムが含まれ、そのシステムがアクセスできるのは、各環境に関連するリポジトリーに限られます。これらのシステムは、対象の環境に関連するリポジトリーにだけアクセスできます。別の環境にパッケージをプロモートすると、ターゲット環境のリポジトリーで新しいパッケージバージョンを受け取ります。その結果、ターゲット環境の各システムは、新しいパッケージバージョンに更新できます。

開発テスト実稼働

example_software-1.1-0.noarch.rpm

example_software-1.0-0.noarch.rpm

example_software-1.0-0.noarch.rpm

パッチ開発の完了後には、RPM をテスト環境にプロモートして、品質保証エンジニアチームがパッチをレビューできるようにします。この時点では、アプリケーションライフサイクルに以下のパッケージバージョンが各環境に含まれます。

開発テスト実稼働

example_software-1.1-0.noarch.rpm

example_software-1.1-0.noarch.rpm

example_software-1.0-0.noarch.rpm

品質保証エンジニアチームがパッチのレビューを行う間、開発チームは example_software 2.0 の作業に着手します。このため、アプリケーションライフサイクルは以下のようになります。

開発テスト実稼働

exampleware-2.0-0.noarch.rpm

exampleware-1.1-0.noarch.rpm

exampleware-1.0-0.noarch.rpm

品質保証エンジニアチームがパッチのレビューを完了します。これで、example_software 1.1 をリリースする準備が完了します。1.1 を実稼働環境にプロモートします。

開発テスト実稼働

example_software-2.0-0.noarch.rpm

example_software-1.1-0.noarch.rpm

example_software-1.1-0.noarch.rpm

開発チームが example_software 2.0 の作業を完了し、テスト環境にプロモートします。

開発テスト実稼働

example_software-2.0-0.noarch.rpm

example_software-2.0-0.noarch.rpm

example_software-1.1-0.noarch.rpm

最後に品質保証エンジニアチームがこのパッケージのレビューを行います。レビューが完了したら、パッケージを 実稼働 環境にプロモートします。

開発テスト実稼働

exampleware-2.0-0.noarch.rpm

exampleware-2.0-0.noarch.rpm

exampleware-2.0-0.noarch.rpm

詳しい情報は 「コンテンツビューのプロモート」 を参照してください。