4.6. コンテンツホストへのサブスクリプションのアタッチ

プロビジョニングプロセスで、コンテンツホストにサブスクリプションをアタッチするには通常、アクティベーションキーを使用します。ただし、アクティベーションキーは既存のホストを更新できません。新規または追加のサブスクリプション (たとえば未来の日付が指定されたサブスクリプション) を 1 台のホストにアタッチする必要がある場合は、以下の手順を使用します。

複数ホストの更新に関する詳細情報は、「コンテンツホストのサブスクリプションの一括更新」 を参照してください。

アクティベーションキーに関する詳細情報は、10章アクティベーションキーの管理 を参照してください。

Smart Management サブスクリプション

Satellite 6 では、管理するすべての Red Hat Enterprise Linux ホストの Red Hat Enterprise Linux Smart Management サブスクリプションを保持する必要があります。

ただし、コンテンツホストごとに Smart Management サブスクリプションをアタッチする必要はありません。Smart Management サブスクリプションは、製品の証明書に関連付けられていないため、自動的に Satellite のコンテンツホストにアタッチできません。コンテンツホストに Smart Management サブスクリプションを追加しても、コンテンツやリポジトリーへのアクセスができるようになりません。ご希望であれば、独自の記録用または追跡の目的で Smart Management サブスクリプションをマニフェストに追加することができます。

前提条件

Satellite Server にサブスクリプションマニフェストファイルをインポートしておくこと。

手順

コンテンツホストにサブスクリプションをアタッチするには、以下の手順を行います。

  1. Satellite Web UI で、コンテキストが、使用する組織に設定されていることを確認します。
  2. ホスト > コンテンツホストに移動します。
  3. 変更するサブスクリプションのコンテンツホストの行ごとに、該当するチェックボックスを選択してください。
  4. アクションの選択 一覧から サブスクリプションの管理 を選択します。
  5. 任意で、検索フィールドにキーと値を入力し、表示するサブスクリプションを絞り込みます。
  6. 追加または削除するサブスクリプションの左側にあるチェックボックスを選択し、必要に応じて 選択した項目を追加 または 選択した項目を削除 をクリックします。
  7. 完了をクリックして変更を保存します。

CLI をご利用の場合

  1. root ユーザーとして Satellite Server に接続してから、利用可能なサブスクリプションを表示します。

    # hammer subscription list \
    --organization-id 1
  2. サブスクリプションをホストにアタッチします。

    # hammer host subscription attach \
    --host host_name \
    --subscription-id subscription_id