第14章 ISO イメージの管理

Red Hat Satellite 6 を使用して、Red Hat のコンテンツ配信ネットワーク (CDN) または他のソースからの ISO イメージを保存できます。仮想マシンイメージなどの他のファイルをアップロードしたり、リポジトリーに公開したりすることも可能です。

14.1. Red Hat からの ISO イメージのインポート

Red Hat CDN では、特定製品の ISO イメージを提供しています。このコンテンツをインポートする手順は、RPM コンテンツのリポジトリーを有効にする手順と似ています。

手順

Red Hat ISO イメージをインポートするには、以下の手順を実行します。

  1. Satellite Web UI で、コンテンツ > Red Hat リポジトリー に移動します。
  2. 検索 フィールドで、Red Hat Enterprise Linux 7 Server (ISOs) などのイメージ名を入力します。
  3. 利用可能なリポジトリーウィンドウで、Red Hat Enterprise Linux 7 Server (ISOs) を展開します。
  4. x86_64 7.2 エントリーでは、有効化 アイコンをクリックして、対象のイメージのリポジトリーを有効にします。
  5. コンテンツ > 製品 に移動して、Red Hat Enterprise Linux Server をクリックします。
  6. Red Hat Enterprise Linux Server ウィンドウの Repositories タブをクリックして、Red Hat Enterprise Linux 7 Server ISOs x86_64 7.2 をクリックします。
  7. Red Hat Enterprise Linux 7 Server ISOs x86_64 7.2 ウィンドウの右上で、アクションの選択 をクリックして、同期開始 を選択します。

同期のステータスの表示方法

  • Web UI で、コンテンツ > 同期の状態 に移動し、たとえば、Red Hat Enterprise Linux Server を展開します。

CLI をご利用の場合

  1. file リポジトリーの Red Hat Enterprise Linux Server 製品を特定します。

    # hammer repository-set list \
    --product "Red Hat Enterprise Linux Server" \
    --organization "My_Organization" | grep "file"
  2. Red Hat Enterprise Linux 7.2 Server ISO の file リポジトリーを有効にします。

    # hammer repository-set enable \
    --product "Red Hat Enterprise Linux Server" \
    --name "Red Hat Enterprise Linux 7 Server (ISOs)" \
    --releasever 7.2 \
    --basearch x86_64 \
    --organization "My_Organization"
  3. 製品のリポジトリーの場所を特定し、同期します。

    # hammer repository list \
    --product "Red Hat Enterprise Linux Server" \
    --organization "My_Organization"
    # hammer repository synchronize \
    --name "Red Hat Enterprise Linux 7 Server ISOs x86_64 7.2" \
    --product "Red Hat Enterprise Linux Server" \
    --organization "My_Organization"