11.7. 複数ホストへのエラータの適用

以下の手順を使用して、エラータをレビューし、複数の RHEL 7 ホストに適用します。

前提条件

  • Red Hat から利用可能な最新のエラータと、Red Hat Satellite リポジトリーを同期しておく。詳しい情報は 「Red Hat リポジトリーの同期」 を参照してください。
  • Satellite Server の環境およびコンテンツビューにホストを登録しておく。詳細は、『ホストの管理』ガイドの「ホストの登録」を参照してください。
  • ホストに katello-agent パッケージをインストールしておく。詳細は、『ホストの管理』ガイドの「Katello エージェントのインストール」を参照してください。

    Katello エージェントは非推奨で、今後の Satellite のバージョンで削除される点に注意してください。ワークロードを移行して、リモート実行機能を使用してクライアントをリモートで更新します。詳細は、『ホストの管理』ガイドの「Goferd および Katello エージェントを使用しないホスト管理」を参照してください。

手順

  1. コンテンツ > エラータ に移動します。
  2. 適用するエラータ名をクリックします。
  3. コンテンツホスト タブをクリックします。
  4. エラータの適用先のホストを選択し、ホストへの適用 をクリックします。
  5. 確認 をクリックします。

CLI をご利用の場合

CLI には Web UI と同じツールがあるわけではありませんが、同様の手順を CLI コマンドで使用することができます。

  1. インストール可能な全エラータを表示します。

    # hammer erratum list \
    --errata-restrict-installable true \
    --organization "Default Organization"
  2. 使用するエラータを選択し、このエラータを適用可能なホストを一覧表示します。

    # hammer host list \
    --search "applicable_errata = ERRATUM_ID" \
    --organization "Default Organization"
  3. エラータを 1 つのホストに適用します。

    # hammer host errata apply \
    --host client.example.com \
    --organization "Default Organization" \
    --errata-ids ERRATUM_ID1,ERRATUM_ID2...
  4. 次の Bash スクリプトを使用して、このエラータが利用可能な各ホストにエラータを適用します。

    for HOST in hammer --csv --csv-separator "|" host list --search "applicable_errata = ERRATUM_ID" --organization "Default Organization" | tail -n+2 | awk -F "|" '{ print $2 }' ;
    do
      echo "== Applying to $HOST ==" ; hammer host errata apply --host $HOST --errata-ids ERRATUM_ID1,ERRATUM_ID2 ;
    done

    このコマンドは、erratum_IDs を適用できるホストをすべて特定し、このエラータを各ホストに適用します。

  5. エラータが正しく適用されたことを確認するには、以下のコマンドの出力で適切なタスクを検索します。

    # hammer task list
  6. 選択したタスクの状態を表示します。

    # hammer task progress --id task_ID