第11章 エラータの管理

Red Hat では、品質管理およびリリースプロセスの一部として、お客様に Red Hat RPM の公式リリースの更新を提供しています。Red Hat では、更新を説明するアドバイザリーと共に、関連パッケージのグループをエラータにコンパイルします。アドバイザリーには以下の 3 種類があります (重要度の高い順)。

セキュリティーアドバイザリー
パッケージで見つかったセキュリティー問題の修正を説明。セキュリティー問題の重大度のレベルは、低、中、重要、重大に分かれています。
バグ修正アドバイザリー
パッケージのバグ修正を説明。
製品の機能強化アドバイザリー
パッケージに追加された機能強化および新機能を説明。

Red Hat Satellite 6 は、リポジトリーを Red Hat の Content Delivery Network (CDN) と同期する際にこれらのエラータ情報をインポートします。Red Hat Satellite 6 ではエラータを検証してフィルタリングするためのツールも提供しており、更新の管理が正確にできます。このようにして、関連のある更新を選択し、コンテンツビューから選択したコンテンツホストに伝播できます。

エラータには、それらに含まれる最も重要なアドバイザリータイプに応じてラベルが付けられます。そのため、製品の機能強化アドバイザリー というラベルが付けられたエラータには機能強化の更新のみが含まれ、バグ修正アドバイザリー エラータにはバグ修正と機能強化の両方が含まれ、セキュリティーアドバイザリー にはこれら 3 つのタイプが含まれる場合があります。

Red Hat Satellite では、エラータと利用可能なコンテンツホストとの関係を表す 2 つのキーワードがあります。

適用可能
1 つ以上のコンテンツホストに適用されるエラータ。つまり、コンテンツホストに存在するパッケージを更新します。これらのエラータはコンテンツホストに適用されますが、状態が インストール可能 に変わるまでは、エラータのインストール準備はできていません。インストール可能なエラータは自動的に適用されます。
インストール可能
1 つ以上のコンテンツホストに適用され、コンテンツホストにインストールできるエラータ。インストール可能なエラータは、ライフサイクル環境および関連するコンテンツビューからコンテンツホストで利用できますが、まだインストールされていません。

本章では、エラータの管理方法と 1 つのホストまたは複数のホストへの適用方法を説明します。

11.1. 利用可能なエラータの検出

以下の手順では、利用可能なエラータを表示し、フィルタリングする方法や、選択したアドバイザリーのメタデータを表示する方法を説明します。

  1. コンテンツ > エラータ に移動して、利用可能なエラータの一覧を表示します。
  2. ページ上部のフィルターツールを使用して、表示されるエラータの数を制限します。

    • 調べるリポジトリーをリストから選択します。デフォルトでは すべてのリポジトリー が選択されます。
    • 適用可能 チェックボックスがデフォルトで選択され、選択されたリポジトリーに適用可能なエラータだけが表示されます。インストール可能 チェックボックスを選択すると、インストール可能のマークが付いたエラータのみが表示されます。
    • エラータの表を検索するには、以下の形式で 検索 フィールドにクエリーを入力します。

      parameter operator value

      検索に使用できるパラメーターの一覧は、表11.1「エラータ検索で利用できるパラメーター」 を参照してください。適用可能な演算子の一覧は、『Red Hat Satellite の管理』の「詳細な検索に対してサポートされる演算子」を参照してください。入力時に自動サジェスト機能が利用できます。and 演算子と or 演算子を使用して、クエリーを組み合わせることもできます。たとえば、kernel パッケージに関するセキュリティーアドバイザリーのみを表示するには、以下を入力します。

      type = security and package_name = kernel

      Enter を押して検索を開始します。

  3. 調べるエラータの Errata ID をクリックします。

    • 説明 タブには、更新されたパッケージの説明や、更新によって提供される重要な修正および機能強化が記載されています。
    • コンテンツホスト タブでは、「複数ホストへのエラータの適用」で説明したように、選択したコンテンツホストにエラータを適用できます。
    • リポジトリー タブには、エラータが含まれているリポジトリーの一覧が表示されます。リポジトリーはフィルターを使用して環境やコンテンツビューで絞り込むことができ、リポジトリー名で検索できます。

CLI をご利用の場合

  • 全組織で利用可能なエラータを表示するには、以下のコマンドを実行します。

    # hammer erratum list
  • 特定のエラータの詳細を表示するには、以下のコマンドを実行します。

    # hammer erratum info --id erratum_ID
  • --search オプションを指定してクエリーを入力し、エラータを検索します。たとえば、選択した製品に適用可能なエラータで、指定したバグが含まれるものを順番に表示し、セキュリティーエラータが一番上に表示されるようにするには、以下のコマンドを入力します。

    # hammer erratum list \
    --product-id 7 \
    --search "bug = 1213000 or bug = 1207972" \
    --errata-restrict-applicable 1 \
    --order "type desc"