第15章 カスタムファイルタイプコンテンツの管理

Satellite で、SSH キーおよびソースコードファイル、仮想マシンイメージや ISO ファイルなどの大容量ファイルの管理と配布が必要になる場合があります。これには、Red Hat Satellite のカスタム製品にカスタムファイルタイプのリポジトリーを追加します。こうすることで、製品に任意のファイルを組み込む一般的な方法が提供されます。

リポジトリーにファイルをアップロードし、アップストリームの Satellite Server からファイルを同期できます。ファイルをカスタムのファイルタイプリポジトリーに追加すると、特定のバージョンをコンテンツビューに追加して、さまざまな Capsule Server でファイルのリポジトリーを利用可能にするなど、通常の Satellite 管理機能を使用できます。クライアントは、curl -O で、HTTP または HTTPS からファイルをダウンロードする必要があります。

Satellite Server のファイルタイプリポジトリーはカスタム製品に対してのみ作成できますが、ファイルタイプのリポジトリーは柔軟に作成できます。Satellite がインストールされているシステム、またはリモートの HTTP サーバーのディレクトリーに個別のファイルタイプリポジトリーを作成して、そのディレクトリーのコンテンツを同期できます。この方法は、Satellite リポジトリーに追加するファイルが複数ある場合に便利です。

15.1. Red Hat Satellite でのカスタムのファイルタイプリポジトリーの作成

カスタムファイルタイプリポジトリーを作成する手順は、リポジトリー作成時に ファイル タイプを選択する以外は、カスタムコンテンツの作成手順と同じです。製品を作成してから、カスタムリポジトリーを追加する必要があります。

手順

カスタム製品を作成するには、以下の手順を行います。

  1. Satellite Web UI で、コンテンツ > 製品 に移動し、製品の作成 をクリックして、以下の詳細情報を入力します。
  2. 名前 フィールドで、製品の名前を入力します。Satellite 6 では、名前 に入力した内容に基づいて ラベル フィールドに自動的に入力されます。
  3. オプション: GPG キー の一覧から、製品の GPG キーを選択します。
  4. オプション: 同期プラン リストから製品の同期プランを選択します。
  5. 説明 フィールドに、製品の説明を入力し、保存 をクリックします。

カスタム製品のリポジトリーを作成するには、以下の手順を行います。

  1. 製品ウィンドウで、リポジトリーを作成する製品の名前を選択します。
  2. リポジトリー タブをクリックして、新規リポジトリー をクリックします。
  3. 名前 フィールドに、リポジトリーの名前を入力します。Satellite では、名前を基に ラベル フィールドに値が自動的に入力されます。
  4. タイプ の一覧から ファイル を選択します。
  5. アップストリーム URL フィールドに、ソースとして使用するアップストリームリポジトリーの URL を入力します。
  6. アップストリームのリポジトリーの SSL 証明書が信頼できる認証機関 (CA) によって署名されていることを確認する場合、SSL の検証 チェックボックスを選択します。
  7. アップストリームのユーザー名 フィールドに、認証に必要な場合にアップストリームリポジトリーのユーザー名を入力します。リポジトリーに認証が必要ない場合はこのフィールドを空にします。
  8. アップストリームのパスワード フィールドに、アップストリームリポジトリーのパスワードを入力します。リポジトリーに認証が必要ない場合はこのフィールドを空にします。
  9. 保存 をクリックします。

CLI をご利用の場合

  1. カスタム製品を作成します。

    # hammer product create \
    --name "My File Product" \
    --sync-plan "Example Plan" \
    --description "My files" \
    --organization "My_Organization"

    表15.1 hammer product create コマンドのオプションパラメーター

    オプション説明

    --gpg-key gpg_key_name

    検索するキー名

    --gpg-key-id gpg_key_id

    GPG キー数値 ID

    --sync-plan sync_plan_name

    検索する同期プラン名

    --sync-plan-id sync_plan_id

    同期プランの数値 ID

  2. ファイルタイプリポジトリーの作成

    # hammer repository create \
    --name "My Files" \
    --content-type "file" \
    --product "My File Product" \
    --organization "My_Organization"

    表15.2 hammer repository create コマンドのオプションパラメーター

    オプション説明

    --checksum-type sha_version

    リポジトリーのチェックサムです。現在、'sha1' および 'sha256' がサポートされています。

    --download-policy policy_name

    yum リポジトリーのダウンロードポリシーです ('immediate'、'on_demand'、または 'background')。

    --gpg-key gpg_key_name

    検索するキー名

    --gpg-key-id gpg_key_id

    GPG キー数値 ID

    --mirror-on-sync boolean

    同期する場合に、このリポジトリーをソースからミラーリングし、古い RPM を削除する必要がありますか?true または falseyes または no、もしくは 1 または 0 に設定します。

    --publish-via-http boolean

    HTTP を使用して公開する必要もありますか?true または falseyes または no、もしくは 1 または 0 に設定します。

    --upstream-username repository_username

    認証に必要な場合は、アップストリームリポジトリーユーザー

    --upstream-password repository_password

    アップストリームリポジトリーユーザーのパスワード

    --url source_repo_url

    ソースリポジトリーの URL

    --verify-ssl-on-sync boolean

    URL の SSL 証明書が信頼できる CA によって署名されているのを Katello が確認する必要がありますか?true または falseyes または no、もしくは 1 または 0 に設定します。