8.3. Puppet モジュールを含むコンテンツビューの作成

以下の手順を使用して、フィルターなしで、リポジトリーを 1 つ使用するコンテンツビューを作成します。

前提条件

開始前に、カスタム製品内のリポジトリーに、必要な Puppet モジュールをアップロードしておく。詳細は、『Puppet ガイド』の「Red Hat Satellite 6 への Puppet モジュールの追加」を参照してください。

手順

Puppet モジュールありのコンテンツビューを作成するには、以下の手順を行います。

  1. Satellite Web UI で コンテンツ > コンテンツビューに移動して、新規ビューの作成をクリックします。
  2. 名前 フィールドで、ビューの名前を入力します。Red Hat Satellite 6 では、入力した名前から、ラベル フィールドに自動的に入力されます。
  3. 説明 フィールドに、ビューの説明を入力します。
  4. 保存をクリックします。
  5. リポジトリーの選択 エリアで、コンテンツビューに追加するリポジトリーを選択して、リポジトリーの追加 をクリックします。
  6. Puppet モジュール タブで 新規モジュールの追加 をクリックします。
  7. 追加するモジュールを探し、バージョンの選択 をクリックします。
  8. 最新を使用 のエントリーに移動し、アクション コラムの バージョンの選択 をクリックします。
  9. 公開するには、バージョン タブをクリックし、新規バージョンの公開 をクリックします。説明 フィールドに、変更をログに記録する説明を入力し、保存 をクリックします。

コンテンツビューにホストを登録するには、『ホストの管理』ガイドの「ホストの登録」を参照してください。

CLI をご利用の場合

Puppet モジュールをコンテンツビューに追加するには、以下のコマンドを実行します。

# hammer content-view puppet-module add \
--content-view cv_name \
--name module_name