8.11. コンテンツフィルターの作成

以下の手順を使用して、コンテンツフィルターを作成します。フィルターをビルドする方法の例については、「コンテンツフィルターの例」 を参照してください。

手順

コンテンツフィルターを作成するには、以下の手順を行います。

  1. Satellite Web UI で、コンテンツ > コンテンツビュー に移動して、コンテンツビューを選択します。
  2. Yum コンテンツ > フィルターに移動し、新規フィルターをクリックします。
  3. 名前 フィールドに、フィルターの名前を入力します。
  4. コンテンツタイプ の一覧から、絞り込むコンテンツタイプを選択します。新しいフィルターのコンテンツタイプに選択した内容に応じて、異なるオプションが表示されます。
  5. 包含タイプ リストから、包含 または 除外 を選択します。
  6. 説明 フィールドに、フィルターの説明を入力し、保存 をクリックします。
  7. コンテンツタイプ に入力した内容に応じて、必要なフィルターを作成するルールを追加します。
  8. 影響のあるリポジトリー タブをクリックして、どのリポジトリーがこのフィルターを使用するかを選択します。
  9. 新規バージョンの公開 をクリックして、フィルタリングされたリポジトリーを公開します。説明 フィールドに変更の説明を入力し、保存 をクリックします。

このコンテンツビューを全環境にプロモートできます。

CLI をご利用の場合

  1. フィルターをコンテンツビューに追加します。--inclusion false オプションを使用して、フィルターを除外フィルターに設定します。

    # hammer content-view filter create \
    --name "Errata Filter" \
    --type erratum --content-view "Example_Content_View" \
    --description "My latest filter" \
    --inclusion false \
    --organization "My_Organization"
  2. フィルターにルールを追加します。

    # hammer content-view filter rule create \
    --content-view "Example_Content_View" \
    --content-view-filter "Errata Filter" \
    --start-date "YYYY-MM-DD" \
    --types enhancement,bugfix \
    --date-type updated \
    --organization "My_Organization"
  3. コンテンツビューを公開します。

    # hammer content-view publish \
    --name "Example_Content_View" \
    --description "Adding errata filter" \
    --organization "My_Organization"
  4. ビューを各環境にプロモートします。

    # hammer content-view version promote \
    --content-view "Example_Content_View" \
    --version 1 \
    --to-lifecycle-environment "Development" \
    --organization "My_Organization"
    # hammer content-view version promote \
    --content-view "Example_Content_View" \
    --version 1 \
    --to-lifecycle-environment "Testing" \
    --organization "My_Organization"
    # hammer content-view version promote \
    --content-view "Example_Content_View" \
    --version 1 \
    --to-lifecycle-environment "Production" \
    --organization "My_Organization"