13.2. コンテナー名のパターンの管理

Satellite を使用してコンテナーの作成や管理を行う場合には、コンテナーはコンテンツビューのバージョン間や異なるステージの Satellite ライフサイクル環境間を移動するので、コンテナー名はステージごとに変化します。たとえば、アップストリームのリポジトリーから、ssh 名を使用してコンテナーイメージを同期する場合には、そのイメージを Satellite 製品と組織に追加してコンテンツビューの一部として公開する時に、コンテナーイメージは my_organization_production-custom_spin-my_product-custom_ssh という名前になる可能性があります。これが原因で、コンテナーイメージをプルする時に問題が発生する可能性があります。理由は、コンテナーレジストリーに、コンテナー名のインスタンスが 1 つしか含まれていない可能性があるためです。Satellite の命名規則の問題を回避するには、デフォルト名を上書きするようにレジストリー名のパターンを設定して、コンテナー名が後で使用するときに明確になるようにします。

制限事項

レジストリー名のパターンを使用してコンテナーの命名規則を管理する場合には、レジストリーの命名パターンが理由でグローバル一意名を生成する必要があるので、命名時に競合の問題が発生する可能性があります。例を示します。

  • repository.docker_upstream_name のレジストリー名パターンを設定した場合に、Production ライフサイクルと同じリポジトリー名のコンテナーコンテンツが含まれるコンテンツビューを公開またはプロモートできません。
  • lifecycle_environment.name のレジストリー名パターンを設定した場合には、同じ名前を指定して 2 つ目のコンテナーリポジトリーを作成することができません。

コンテナーに対してレジストリーの命名パターンを定義する場合には、注意を払って進めて行く必要があります。

手順

レジストリー名パターンで、コンテナーの命名を管理するには、以下の手順を実行します。

  1. Satellite Web UI で、コンテンツ > ライフサイクル環境 に移動して、ライフサイクル環境を作成するか、編集するライフサイクル環境を選択します。
  2. コンテナーイメージのレジストリー エリアで、レジストリー名のパターン の右側にある編集アイコンをクリックします。
  3. 変数一覧と例を使用して、必要とされるレジストリー名のパターンを判断します。
  4. レジストリー名のパターン フィールドに、使用するレジストリー名のパターンを入力します。たとえば、repository.docker_upstream_name を使用するには、以下を入力します。

    <%= repository.docker_upstream_name %>
  5. 保存 をクリックします。