第1章 はじめに

Satellite 6 では、コンテンツ は、システムにインストールされたソフトウェアとして定義されます。コンテンツには、ベースオペレーティングシステム、ミドルウェアサービス、エンドユーザーアプリケーションなどが含まれますが、これらに限定はされません。Red Hat Satellite 6 を使用して、ソフトウェアライフサイクルの各段階で Red Hat Enterprise Linux システムのさまざまな種類のコンテンツを管理できます。

Red Hat Satellite 6 では、以下のコンテンツを管理します。

サブスクリプションの管理
サブスクリプション管理は、Red Hat サブスクリプション情報を管理する方法を組織に提供します。
コンテンツ管理
コンテンツ管理は、組織が Red Hat コンテンツを保存してさまざまな方法で整理する手段を提供します。

1.1. コンテンツ管理タイプの概要

Red Hat Satellite 6 を使用して、次の Red Hat コンテンツタイプを管理できます。

RPM パッケージ
RPM ファイルは、Red Hat サブスクリプションに関連するリポジトリーからインポートします。Satellite Server を使用して、Red Hat のコンテンツ配信ネットワークから RPM ファイルをダウンロードし、ローカルに保存します。これらのリポジトリーと RPM ファイルはコンテンツビューで使用できます。
キックスタートツリー
システムの作成には、キックスタートツリーをインポートします。新しいシステムは、ネットワーク経由でこれらのキックスタートツリーにアクセスしてインストールのベースコンテンツとして使用します。また、Red Hat Satellite 6 には、事前定義済みのキックスタートテンプレートが複数含まれ、独自のキックスタートテンプレートを作成することもでき、これらのテンプレートを使用してシステムのプロビジョニングやインストールをカスタマイズできます。

Satellite で他のタイプのカスタムコンテンツも管理できます。例を示します。

ISO および KVM イメージ
インストールおよびプロビジョニング向けのメディアをダウンロードおよび管理します。たとえば、Satellite は、特定の Red Hat Enterprise Linux および Red Hat 以外のオペレーティングシステム向けの ISO イメージおよびゲストイメージをダウンロード、保存、および管理します。
Puppet モジュール
RPM コンテンツとともに Puppet モジュールをアップロードできるため、Puppet は、プロビジョニング後のシステムの状態を設定できます。また、ユーザーはプロビジョニングプロセスの一部として Puppet クラスとパラメーターを管理することもできます。
OSTree
OSTree ブランチをインポートし、このコンテンツを HTTP の場所に公開できます。

この手順を使用して、SSL 証明書や OVAL ファイルなど、必要なタイプのコンテンツのカスタムコンテンツを追加できます。