16.2. Puppet モジュールの個別管理

RPM コンテンツと Puppet モジュールの両方が含まれるカスタム製品を作成して、カスタム RPM コンテンツを使用するサーバーをインストールして設定する場合には、「Puppet リポジトリーの作成」の手順を実行してから、以下の手順に従い、Puppet モジュールをアップロードします。

カスタム RPM のサポート

Red Hat では、Puppet Forge からのモジュールをサポートしていません。これらのモジュールに問題がある場合は、モジュール開発者に連絡してください。

前提条件

  1. https://forge.puppetlabs.com/puppetlabs/postgresql など、Puppet Forge の Web サイトから、使用するモジュールをダウンロードしておく。
  2. Web ブラウザーで、download latest tar.gz をクリックしてローカルのファイルシステムに保存しておく。

手順

  1. Satellite Web UI で、コンテンツ > 製品 に移動し、管理する Puppet リポジトリーが含まれる製品を選択します。
  2. リポジトリーウィンドウで、新しい Puppet リポジトリーをクリックすると、そのリポジトリーの詳細ページが表示されます。
  3. Puppet モジュールのアップロード エリアに移動し、参照 をクリックします。新たにダウンロードして抽出された Puppet モジュールを選択し、アップロード をクリックします。

Puppet モジュールを管理し、製品から削除するには、以下の手順を行います。

  1. Puppet モジュールリポジトリーのウィンドウで、ウィンドウの右上の コンテンツ数 エリアに移動します。Puppet モジュール 行で、Puppet モジュールに表示されている数値をクリックします。
  2. Puppet モジュールリポジトリーウィンドウの Puppet モジュールの管理 で、管理するモジュールを選択して、アクションの選択 をクリックし、アクションを実行するか、Puppet モジュールの削除 を選択します。

CLI をご利用の場合

  1. 以下のコマンドで、使用中の Satellite Server のファイルシステムに Puppet モジュールをコピーします。

    $ scp ~/puppet_module.tar.gz root@satellite.example.com:~/.
  2. Puppet モジュールを Puppet Modules リポジトリーにインポートします。

    # hammer repository upload-content \
    --path ~/puppet_module.tar.gz \
    --id repo_ID \
    --organization "My_Organization"