6.5. カスタム RPM リポジトリーの追加

以下の手順を使用して、Satellite でカスタム RPM リポジトリーを追加します。

Satellite Web UI の製品ウィンドウには、リポジトリーの検出 機能があり、URL からすべてのリポジトリーを見つけ、どのリポジトリーを自分のカスタム製品に追加するかを選択できます。たとえば、リポジトリーの検出 を使用して、http://yum.postgresql.org/9.5/redhat/ を検索し、Red Hat Enterprise Linux の各バージョンおよびアーキテクチャー用のすべてのリポジトリーを一覧表示することができます。これにより、1 つのソースから複数のリポジトリーをインポートする時間を節約できます。

カスタム RPM のサポート

Red Hat では、サードパーティーのサイトに、直接接続されているアップストリーム RPM はサポートしていません。これらの RPM は同期プロセスのデモに使用されます。これらの RPM について問題がある場合は、サードパーティーの開発者に連絡してください。

手順

  1. Satellite Web UI で、コンテンツ > 製品 に移動し、使用する製品を選択して、リポジトリーの作成 をクリックします。
  2. 名前 フィールドに、リポジトリーの名前を入力します。Red Hat Satellite 6 では、名前 に入力した内容に基づいて ラベル フィールドに値が自動的に入力されます。
  3. タイプ の一覧から、リポジトリーのタイプを選択します。RPM ファイル (yum)、Puppet モジュール (puppet)、または Docker イメージ (docker) のいずれかのリポジトリーを選択できます。
  4. URL フィールドに、ソースとして使用する外部リポジトリーの URL を入力します。
  5. ダウンロードポリシー の一覧から、Satellite Server が実行する同期の種類を選択します。
  6. 同期時のミラー チェックボックスが選択されていることを確認します。アップストリームのリポジトリーにないコンテンツが同期中に削除されるようにします。
  7. チェックサム の一覧から、リポジトリーのチェックサムタイプを選択します。
  8. オプション: 必要に応じて、HTTP 経由で公開 チェックボックスの選択を解除して、このリポジトリーの HTTP 経由での公開を無効にできます。
  9. オプション: GPG キー の一覧から、製品の GPG キーを選択します。
  10. 保存 をクリックします。

製品のウィンドウで即時同期を実行する場合は、今すぐ同期 をクリックします。

CLI をご利用の場合

  1. 以下のコマンドを実行してリポジトリーを作成します。

    # hammer repository create \
    --name "My_Repository" \
    --content-type "yum" \
    --publish-via-http true \
    --url http://yum.postgresql.org/9.5/redhat/rhel-7-x86_64/ \
    --gpg-key "My_Repository" \
    --product "My_Product" \
    --organization "My_Organization"
  2. リポジトリーを同期します。

    # hammer repository synchronize \
    --name "My_Repository" \
    --product "My Product" \
    --organization "My_Organization"