第6章 カスタムコンテンツのインポート

本章では、さまざまな種類のカスタムコンテンツを Satellite にインポートする方法を概説します。Satellite に ISO、Puppet モジュール、またはさまざまなコンテンツタイプをインポートする場合は、この章とほぼ同じ手順を実行します。

たとえば、特定のタイプのカスタムコンテンツの情報については、以下の章を使用できますが、基本的な手順は同じです。

6.1. Satellite でのカスタム製品の使用

Satellite の Red Hat コンテンツとカスタムコンテンツはいずれも、次の点が類似しています。

  • 製品とそのリポジトリー間の関係は同じであり、リポジトリーは引き続き同期する必要があります。
  • カスタム製品には、クライアントがアクセスするサブスクリプション (Red Hat 製品に対するサブスクリプションと同様) が必要です。Satellite では、作成する各カスタム製品に対してサブスクリプションが作成されます。

RPM の作成およびパッケージングの詳細は、Red Hat Enterprise Linux ドキュメンテーションの『RPM パッケージングガイド』を参照してください。