7.5. Capsule Server からのライフサイクル環境の削除

ライフサイクル環境がホストシステムに適さなくなった場合や、環境が Capsule Server に誤って追加された場合には、Capsule Server からライフサイクル環境を削除できます。

Capsule からライフサイクル環境を削除するには、Satellite Web UI と Hammer の両方を使用できます。

手順

ライフサイクル環境を Capsule Server から削除するには、以下の手順を行います。

  1. Satellite Web UI で、インフラストラクチャー > Capsules に移動し、ライフサイクルを削除する Capsule を選択します。
  2. 編集 をクリックしてから、ライフサイクル環境 タブをクリックします。
  3. 右のメニューから、Capsule から削除するライフサイクル環境を選択し、送信 をクリックします。
  4. Capsule のコンテンツを同期するには、概要 タブをクリックしてから 同期 ボタンをクリックします。
  5. 最適化された同期または 完全な同期を選択します。

CLI をご利用の場合

ライフサイクル環境を Capsule Server から削除するには、以下の手順を行います。

  1. 一覧から Capsule Server を選択し、その ID を書き留めます。

    # hammer capsule list
  2. Capsule Server の詳細を確認するには、以下のコマンドを実行します。

    # hammer capsule info --id capsule_id
  3. Capsule Server に現在アタッチされているライフサイクル環境の一覧を確認し、環境 ID を書き留めます。

    # hammer capsule content lifecycle-environments \
    --id capsule_id
  4. Capsule Server からのライフサイクル環境を削除します。

    # hammer capsule content remove-lifecycle-environment \
    --id capsule_id \
    --lifecycle-environment-id lifecycle_environment_id

    Capsule Server から削除するすべてのライフサイクル環境に対してこの手順を繰り返します。

  5. Satellite Server の環境にあるコンテンツを Capsule Server に同期します。

    # hammer capsule content synchronize \
    --id capsule_id