5.10. 製品の HTTP プロキシーポリシーの変更

ネットワークトラフィックを細かく制御するために、製品ごとに HTTP プロキシーポリシーを設定できます。製品の HTTP プロキシーポリシーは、個別のリポジトリーに異なるポリシーを設定しない限り、製品内のすべてのリポジトリーに適用されます。

個々のリポジトリーに HTTP プロキシポリシーを設定するには、「リポジトリーの HTTP プロキシーポリシーの変更」 を参照してください。

手順

  1. Satellite Web UI で、コンテンツ > 製品 に移動し、変更が必要な各製品の横にあるチェックボックスを選択します。
  2. アクションの選択 一覧から、HTTP プロキシーの管理 を選択します。
  3. 一覧から HTTP プロキシーポリシー を選択します。

    • グローバルデフォルト: グローバルデフォルトプロキシー設定を使用します。
    • HTTP プロキシーなし: グローバルデフォルトプロキシーが設定されている場合でも、HTTP プロキシーを使用しないでください。
    • 特定の HTTP プロキシーの使用: 一覧から HTTP プロキシー を選択します。HTTP プロキシーを Satellite に追加してから、リストからプロキシーを選択する必要があります。詳しい情報は 「新しい HTTP プロキシーの追加」 を参照してください。
  4. 更新 をクリックします。