11.6. ホストへのエラータの適用

以下の手順を使用して、エラータをレビューし、ホストに適用します。

前提条件

  • Red Hat から利用可能な最新のエラータと、Red Hat Satellite リポジトリーを同期しておく。詳しい情報は 「Red Hat リポジトリーの同期」 を参照してください。
  • Satellite Server の環境およびコンテンツビューにホストを登録しておく。詳細は、『ホストの管理』ガイドの「ホストの登録」を参照してください。
  • RHEL 7 ホストに、katello-agent パッケージをインストールしておく。詳細は、『ホストの管理』ガイドの「Katello エージェントのインストール」を参照してください。

    Katello エージェントは非推奨で、今後の Satellite のバージョンで削除される点に注意してください。ワークロードを移行して、リモート実行機能を使用してクライアントをリモートで更新します。詳細は、『ホストの管理』ガイドの「Goferd および Katello エージェントを使用しないホスト管理」を参照してください。

Red Hat Enterprise Linux 8 の場合

RHEL 8 ホストにエラータを適用するには、Satellite Server でリモート実行ジョブを実行するか、ホストを更新します。リモート実行ジョブの実行の詳細は、『ホストの管理』ガイドの「リモートジョブの設定とセットアップ」を参照してください。

RHEL 8 ホストにエラータを適用するには、以下の手順を行います。

  1. Satellite で、ホストのすべてのエラータを一覧表示します。

    # hammer host errata list \
    --host client.example.com
  2. エラータが含まれるモジュールのストリームを検索します。

    # hammer erratum info --id ERRATUM_ID
  3. ホストで、モジュールストリームを更新します。

    # yum update Module_Stream_Name

Red Hat Enterprise Linux 7 の場合

RHEL 7 ホストにエラータを適用するには、以下の手順を行います。

  1. Satellite Web UI で、ホスト > コンテンツホスト に移動し、エラータを適用するホストを選択します。
  2. エラータ タブに移動してエラータのリストを表示します。
  3. 適用するエラータを選択し、Apply Selected (選択した項目を適用) をクリックします。確認画面で、適用 をクリックします。
  4. 選択したエラータに関連付けられた全パッケージを更新するタスクが完了したら、詳細 タブをクリックして更新済みのパッケージを表示します。

CLI をご利用の場合

RHEL 7 ホストにエラータを適用するには、以下の手順を行います。

  1. ホストのすべてのエラータを一覧表示します。

    # hammer host errata list \
    --host client.example.com
  2. ホストに最新のエラータを適用します。エラータ ID を使用して適用するエラータを特定します。

    # hammer host errata apply --host "Host Name" \
    --errata-ids ERRATUM_ID1,ERRATUM_ID2...