第5章 Satellite Server、Capsule Server、およびコンテンツホストのアップデート

本章を使用して、既存の Satellite Server、Capsule Server おびコンテンツホストを、6.7.0 から 6.7.1 などのように、新しいマイナーバージョンに更新します。

更新すると、コードの発表後に検出されたセキュリティー脆弱性およびマイナーな問題が修正されます。また、多くの場合、更新はすぐに終わり、オペレーティング環境に影響を与えません。

更新前に Satellite Server および全 Capsule Server をバックアップします。詳細は、『Red Hat Satellite 6.5 管理』ガイドの「Satellite Server および Capsule Server のバックアップ」を参照してください。

5.1. Satellite Server のアップデート

前提条件

  • Satellite、Capsule、および Satellite Tools 6.7 の Satellite Server リポジトリーが同期されていることを確認する。
  • アップデートしたリポジトリーを関連するすべてのコンテンツビューにプロモートして外部 Capsule とコンテンツホストがそれぞれアップデートできるようにしておく。
警告

設定ファイルを手動で、または Hiera などのツールを使用して、カスタマイズした場合には、このカスタマイズした内容は、アップグレード時またはアップデート時にインストールスクリプトを実行すると上書きされます。satellite-installer スクリプトで --noop オプションを使用すると、変更をテストできます。詳細は、ナレッジベースソリューションの「How to use the noop option to check for changes in Satellite config files during an upgrade」を参照してください。

Satellite Server を次のマイナーバージョンにアップデート

Satellite Server のアップデート手順:

  1. Satellite Maintenance リポジトリーが有効になっているのを確認します。

    # subscription-manager repos --enable \
    rhel-7-server-satellite-maintenance-6-rpms
  2. yum のキャッシュを消去します。

    # yum clean all
  3. satellite-maintain が含まれる rubygem-foreman_maintain パッケージがインストールされており、最新の状態になっていることを確認します。

    # yum install rubygem-foreman_maintain
  4. 利用可能なバージョンを確認して、次のマイナーバージョンが一覧に追加されているのを確認します。

    # satellite-maintain upgrade list-versions
  5. ヘルスチェックオプションを使用して、システムをアップグレードする準備が完了しているかどうかを確認します。このコマンドを最初に使用したときに、satellite-maintain により hammer 管理者ユーザー認証情報を入力して、/etc/foreman-maintain/foreman-maintain-hammer.yml ファイルに保存します。

    # satellite-maintain upgrade check --target-version 6.7.z

    結果を確認し、アップグレードを実行する前に、強調表示されているエラー状態に対応します。

  6. アップデート時間は長くなるため、通信セッションの中断と再接続を可能にする screen などのユーティリティーを使用します。これにより、コマンドシェルに接続し続けなくてもアップグレードの進捗が確認できるようになります。screen コマンドの使用方法は、Red Hat ナレッジベース の「How do I use the screen command?」を参照してください。

    アップグレードコマンドを実行しているコマンドシェルへの接続がなくなった場合は、/var/log/foreman-installer/satellite.log のログで、プロセスが完全に終了したかどうかを確認できます。

  7. アップグレードを実行します。

    # satellite-maintain upgrade run --target-version 6.7.z
  8. カーネルパッケージが最後にアップデートされた日時を確認します。

    # rpm -qa --last | grep kernel
  9. オプション: 最後の再起動以降にカーネルが更新された場合には、satellite-maintain サービスを停止して、システムを再起動します。

    # satellite-maintain service stop
    # reboot

5.2. Capsule Server のアップデート

Capsule Server を次のマイナーバージョンにアップデート

手順

Capsule Server をアップデートするには、以下の手順を実行します。

  1. Capsule Serverで、有効なリポジトリーを表示します。

    # subscription-manager repos --list-enabled
  2. 次のリポジトリーのみが有効になっていることを確認してください。

    rhel-7-server-rpms
    rhel-7-server-satellite-capsule-6.7-rpms
    rhel-server-rhscl-7-rpms
    rhel-7-server-satellite-tools-6.7-rpms
    rhel-7-server-satellite-maintenance-6-rpms
    rhel-7-server-ansible-2.8-rpms

    リポジトリーの無効化および有効化に関する詳細は、『Capsule Server のインストール』の「リポジトリーの設定」を参照してください。rhel-7-server-satellite-tools-6.7-rpms リポジトリーでは、katello-host-tools および Katello エージェントが提供されます。詳細は、『Capsule Server のインストール』の「Katello エージェントのインストール」を参照してください。Red Hat Software Collections リポジトリーはオプションです。これは、リモート実行機能に必要です。

  3. satellite-maintain サービスを停止します。

    # satellite-maintain service stop
  4. BZ#1649764 が解決されるまで、gofer パッケージをアップデートしてください。

    # yum update gofer
  5. goferd を再起動します。

    # systemctl restart goferd
  6. すべてのパッケージを更新します。

    # yum update

    カーネルアップデートが発生したら、アップグレードが完了にシステムを再起動する必要があります。この時点ではシステムを再起動しないでください。

  7. インストーラースクリプトに --upgrade オプションを付けて実行し、アップデートを実行します。

    # satellite-installer --scenario capsule --upgrade
  8. オプション: yum update 手順でカーネルが更新された場合には、satellite-maintain サービスを停止して、システムを再起動します。

    # satellite-maintain service stop
    # reboot

5.3. コンテンツホストのアップデート

コンテンツホストを次のマイナーバージョンにアップデート

コンテンツホストのアップデート手順:

  1. BZ#1649764 が解決されるまで、gofer パッケージをアップデートしてください。

    # yum update gofer
  2. goferd を再起動します。

    # systemctl restart goferd
  3. すべてのパッケージを更新します。

    # yum update
  4. オプション: カーネルをアップデートしてから再起動していない場合には、システムを再起動します。

    # reboot