第8章 Red Hat Image Builder イメージを使用したプロビジョニング

Satellite で、Red Hat Web コンソールを統合して、アクションの実行と、ホストのモニタリングを行います。Red Hat の Web コンソールを使用して、Red Hat Image Builder にアクセスし、イメージをビルドしてから Satellite にアップロードし、このイメージを使用してホストをプロビジョニングします。

Red Hat Web コンソールと Satellite の統合に関する情報は、『ホストの管理 ガイド』の「Red Hat Web コンソールを使用したホスト管理とモニタリング」を参照してください。

前提条件

  1. scp または rsync を使用して、SSH でイメージを Satellite のベースオペレーティングシステムにコピーします。
  2. Satellite で、カスタムの製品を作成し、カスタムのファイルリポジトリーをこの製品に追加して、イメージをリポジトリーにアップロードします。詳細は、『コンテンツ管理ガイド』の「個別の ISO イメージおよびファイルのインポート」を参照してください。

手順

Satellite で Anaconda Kickstart で Red Hat Image Builder イメージを使用するには、次の手順を実行します。

  1. Web UI で、設定 > ホストグループ に移動し、使用するホストグループ名を選択します。
  2. パラメーター タブをクリックしてから、パラメーターの追加 をクリックします。
  3. 名前 フィールドで、kickstart_liveimg を入力します。
  4. タイプ の一覧から string を選択します。
  5. のフィールドに、イメージの保存先を参照する相対パスまたは絶対パスを custom/product/repository/image_name の形式で入力します。
  6. 送信 をクリックして変更を保存します。

ベアメタルプロビジョニングや、コンピュートリソースを使用したプロビジョニングに、このイメージを使用できます。

ベアメタルプロビジョニングの詳細は、6章ベアメタルホストのプロビジョニングを参照してください。異なるコンピュートリソースを使用したプロビジョニングの詳細は、使用するコンピュートリソースに関する章を参照してください。