第13章 Red Hat OpenStack Platform でのクラウドインスタンスのプロビジョニング

Red Hat OpenStack Platform は、プライベートまたはパブリックの Infrastructure-as-a-Service (IaaS) クラウドを構築するための基盤を提供します。これにより、スケーラビリティーが極めて高く、耐障害性に優れたプラットフォームをクラウド対応のワークロード開発に利用できます。Red Hat Satellite 6 は、Red Hat OpenStack Platforms REST API と対話し、クラウドインスタンスを作成して、電源管理の状態を制御することができます。

前提条件

13.1. Satellite Server への Red Hat OpenStack Platform 接続の追加

この手順を使用して、Red Hat OpenStack Platform を Satellite のコンピューティングリソースとして追加します。

手順

  1. Satellite Web UI で インフラストラクチャー > コンピュートリソース に移動して、コンピュートリソースの作成 をクリックします。
  2. 名前 フィールドには、新規コンピュートリソースの名前を入力します。
  3. プロバイダー リストから RHEL OpenStack Platform を選択します。
  4. 説明 フィールドには、コンピュートリソースの説明を入力します。
  5. URL フィールドには、tokens リソースの OpenStack 認証 keystone サービスの API を参照する URL を入力します。http://openstack.example.com:5000/v3.0/tokens の形式を使用します。
  6. ユーザー名 および パスワード フィールドには、環境にアクセスするための Satellite の認証ユーザーおよびパスワードを入力します。
  7. ドメイン フィールドには、V3 認証のドメインを入力します。
  8. テナント リストから Satellite Server が管理するテナントまたはプロジェクトを選択します。
  9. ホストのプライマリーネットワークとして、外部ネットワークを使用するには、外部ネットワークを主要ネットワークとして許可 (Allow external network as main network) チェックボックスを選択します。
  10. ロケーション および 組織 タブをクリックして、使用するロケーションと組織が現在のコンテキストに自動的に設定されていることを確認します。他のコンテキストは、これらのタブに追加します。
  11. 送信 をクリックして Red Hat OpenStack Platform の接続を保存します。

CLI をご利用の場合

  • コンピュートリソースを作成するには、hammer compute-resource create コマンドを使用します。

    # hammer compute-resource create --name "My_OpenStack" \
    --provider "OpenStack" \
    --description "My OpenStack environment at openstack.example.com" \
    --url "http://openstack.example.com:5000/v3.0/tokens" --user "My_Username" \
    --password "My_Password" --tenant "openstack" --locations "New York" \
    --organizations "My_Organization"

13.2. Satellite Server への Red Hat OpenStack Platform イメージの追加

イメージベースのプロビジョニングを使用してホストを作成するには、アクセスの情報およびイメージの場所など、イメージの情報を Satellite Server に追加する必要があります。

手順

  1. Satellite Web UI で インフラストラクチャー > コンピュートリソース に移動して、コンピュートリソースのウィンドウで Red Hat Virtualization 接続の名前をクリックします。
  2. イメージの作成 をクリックします。
  3. 名前 フィールドに、イメージの名前を入力します。
  4. オペレーティングシステム リストから、イメージのベースオペレーティングシステムを選択します。
  5. アーキテクチャー リストから、オペレーティングシステムのアーキテクチャーを選択します。
  6. ユーザー名 フィールドには、イメージにアクセスするための SSH ユーザー名を入力します。通常、これは root ユーザーになります。
  7. パスワード フィールドには、イメージにアクセスするための SSH パスワードを入力します。
  8. イメージ リストの Red Hat OpenStack コンピュートリソースからイメージを選択します。
  9. オプション: イメージで cloud-init データなどのユーザーデータ入力をサポートさせるには、ユーザーデータ チェックボックスを選択します。
  10. 送信 をクリックしてイメージの詳細を保存します。

CLI をご利用の場合

  • hammer compute-resource image create コマンドでイメージを作成します。--uuid フィールドを使用して Red Hat OpenStack Platform サーバーのイメージの場所の完全パスを保存します。

    # hammer compute-resource image create \
    --name "OpenStack Image" \
    --compute-resource "My_OpenStack_Platform"
    --operatingsystem "RedHat version" \
    --architecture "x86_64" \
    --username root \
    --user-data true \
    --uuid "/path/to/OpenstackImage.qcow2"

13.3. Red Hat OpenStack Platform の詳細のコンピュートプロファイルへの追加

この手順を使用して、Red Hat OpenStack Platform ハードウェア設定をコンピューティングプロファイルに追加します。このコンピューティングプロファイルを使用して Red Hat OpenStack Platform でホストを作成すると、これらの設定が自動的に入力されます。

手順

  1. Satellite Web UI で、インフラストラクチャー > コンピュートプロファイル に移動します。
  2. コンピュートプロファイルウィンドウで、既存のコンピュートプロファイル名をクリックするか、Create Compute Profile をクリックするか、Name を入力して Submit をクリックします。
  3. Red Hat OpenStack Platform コンピューティングリソースの名前をクリックします。
  4. フレーバー リストから、ホストに使用する Red Hat OpenStack Platform のハードウェアのプロファイルを選択します。
  5. アベイラビリティーゾーン リストから Red Hat OpenStack Platform 環境内で使用するターゲットクラスターを選択します。
  6. イメージ リストから、イメージベースのプロビジョニングに使用するイメージを選択します。
  7. テナント リストから、Red Hat OpenStack Platform インスタンスのテナントまたはプロジェクトを選択します。
  8. セキュリティーグループ リストから、ポートおよび IP アドレスのクラウドベースのアクセスルールを選択します。
  9. 内部ネットワーク から、ホストが参加するプライベートネットワークを選択します。
  10. Floating IP ネットワーク から、ホストが参加する外部ネットワークを選択して、Floating IP アドレスを割り当てます。
  11. ボリュームからの起動 から、イメージからボリュームが作成されるかを設定します。これが選択されていない場合には、インスタンスはイメージを直接起動します。
  12. 新規起動ボリュームサイズ (GB) フィールドには、新規起動ボリュームのサイズ (GB) を入力します。
  13. 送信 をクリックしてコンピュートプロファイルを保存します。

CLI をご利用の場合

コンピュートプロファイルの CLI コマンドは、Red Hat Satellite 6.7 ではまだ実装されていません。代わりに、ホストの作成プロセスで同じ設定を直接組み込むことができます。

13.4. Red Hat OpenStack Platform でのイメージベースのホストの作成

Satellite では、Red Hat OpenStack Platform プロビジョニングを使用して、既存のイメージからホストを作成できます。この新しいホストエントリーで、Red Hat OpenStack Platform サーバーが、新規ボリュームのベースとして既存のイメージを使用して、仮想マシンを作成するようにトリガーします。

手順

  1. Satellite Web UI で、ホスト > ホストの作成 に移動します。
  2. 名前 フィールドには、ホストの名前を入力します。
  3. 組織 および ロケーション タブをクリックして、プロビジョニングのコンテキストが現在のコンテキストに自動的に設定されていることを確認します。
  4. ホストグループ リストから、フォームの生成に使用するホストグループを選択します。
  5. デプロイ先 リストから、Red Hat OpenStack Platform 接続を選択します。
  6. コンピュートプロファイル リストから、仮想マシンの設定を自動的に投入するために使用するプロファイルを選択します。
  7. インターフェース タブをクリックして、ホストのインターフェースで 編集 をクリックします。
  8. 特に以下の項目など、フィールドに自動的に入力されていることを確認します。

    • ホスト タブの 名前DNS 名 になります。
    • MAC アドレス フィールドは空白です。Red Hat OpenStack Platform サーバーは、プロビジョニング中に MAC アドレスをホストに割り当てます。
    • Satellite Server は新規ホストの IP アドレスを自動的に割り当てます。
    • ホストの最初のインターフェースで Managed (管理)Primary、および Provision オプションが自動的に選択されていること。選択されていない場合は、選択してください。
  9. オペレーティングシステム タブをクリックして、全フィールドに値が自動的に含まれていることを確認します。
  10. コンピュートプロファイルから自動的にデータが投入されるイメージを変更するには、新規ホストの root ボリュームをベースとする別のイメージを イメージ リストから選択します。
  11. プロビジョニングテンプレート解決 をクリックし、新規ホストから使用する適切なプロビジョニングテンプレートを特定できることを確認します。
  12. 仮想マシン タブをクリックして、これらの設定には、ホストグループおよびコンピュートプロファイルからの情報が入力されていることを確認し、必要に応じて変更してください。
  13. パラメーター タブをクリックして、存在するパラメーターでアクティベーションキーが提供されていることを確認します。提供されていない場合には、アクティベーションキーを追加します。
  14. 送信 をクリックしてホストエントリーを保存します。

CLI をご利用の場合

  • --provision-method image を指定して hammer host create コマンドでホストを作成します。以下の例の値は、環境似合った値に置き換えます。

    # hammer host create \
    --name "openstack-host1" \
    --organization "My_Organization" \
    --location "New York" \
    --hostgroup "Base" \
    --compute-resource "My_OpenStack_Platform" \
    --provision-method image \
    --image "OpenStack Image" \
    --enabled true \
    --managed true \
    --interface "managed=true,primary=true,provision=true" \
    --compute-attributes="flavor_ref=m1.small,tenant_id=openstack,security_groups=default,network=mynetwork"

このコンピュートリソースに対する他のホスト作成パラメーターの情報は、hammer host create --help コマンドを入力します。