第5章 Red Hat Web コンソールを使用したホストの管理と監視

Red Hat Web コンソールは、アクションの実行と Red Hat Enterprise Linux ホストの監視に使用できるインタラクティブな Web インターフェースです。remote-execution 機能を有効化し、Satellite をRed Hat Web コンソールに統合できます。Satellite で管理するホストに Red Hat Web コンソールをインストールすると、そのホストの Red Hat Web コンソールダッシュボードを Satellite Web UI 内から表示できます。Red Hat Web コンソールに統合されている機能 (Red Hat Image Builder など) を使用することもできます。

5.1. Satellite と Red Hat Web コンソールの統合

デフォルトでは、Red Hat Web コンソールの統合は Satellite で無効になっています。Satellite 内からホストの Red Hat Web コンソール機能にアクセスする場合は、最初に Satellite Server で Red Hat Web コンソール統合を有効にする必要があります。

手順

  • Satellite Server で --enable-foreman-plugin-remote-execution-cockpit オプションを指定して satellite-installer を実行します。

    # satellite-installer --enable-foreman-plugin-remote-execution-cockpit

5.2. Red Hat Web コンソールを使用したホストの管理と監視

Satellite Web UI を介して Red Hat Webコンソール Web UI にアクセスし、その機能を使用して Satellite のホストを管理および監視できます。

前提条件

  • Red Hat Web コンソールが Satellite で有効になっている。
  • Red Hat Web コンソールが、表示するホストにインストールされていること。

  • Satellite または Capsule は、SSH キーを使用してホストを認証できる。詳細は、「リモート実行のための SSH 鍵の配布」 を参照してください。

手順

  1. Satellite Web UI で、ホスト > すべてのホスト に移動し、Red Hat Web コンソールを使用して管理および監視するホストを選択します。
  2. ホストウィンドウの右上で Web コンソール をクリックします。

これで、Red Hat Web コンソールを介して、ホストの監視と管理に使用できるすべての機能 (Red Hat Image Builder など) にアクセスできるようになりました。

Red Hat Web コンソールを使い始めるための詳細は、『RHEL 8 で Web コンソールを使用したシステムの管理』ガイド、または『RHEL 7 で Web コンソールを使用したシステムの管理』ガイドを参照してください。

Red Hat Web コンソールでの Red Hat Image Builder の使用に関する詳細は、『RHEL 8 Web コンソールで Image Builder GUI へのアクセス』または『RHEL 7 Web コンソールで Image Builder GUI へのアクセス』を参照してください。