付録C キックスタートリポジトリーのインポート

キックスタートリポジトリーは、コンテンツ ISO イメージでは提供されません。オフラインの Satellite でキックスタートリポジトリーを使用するには、使用する Red Hat Enterprise Linux のバージョンのバイナリー DVD ISO ファイルをダウンロードし、キックスタートファイルを Satellite にコピーする必要があります。

Red Hat Enterprise Linux 7 のキックスタートリポジトリーをインポートするには、「Red Hat Enterprise Linux7 キックスタートリポジトリーのインポート」 を実行します。

Red Hat Enterprise Linux 8 のキックスタートリポジトリーをインポートするには、「Red Hat Enterprise Linux 8 のキックスタートリポジトリーのインポート」 を実行します。

C.1. Red Hat Enterprise Linux7 キックスタートリポジトリーのインポート

Red Hat Enterprise Linux 7 のキックスタートリポジトリーをインポートするには、Satellite で以下の手順を実行します。

手順

  1. Red Hat カスタマーポータル https://access.redhat.com/ へ移動し、ログインします。
  2. ウィンドウの右上隅で ダウンロード をクリックします。
  3. Red Hat Enterprise Linux 7 の右側の Versions 7 and below をクリックします。
  4. Version 一覧から、7.7 など Red Hat Enterprise Linux 7 で必要なバージョンを選択します。
  5. Red Hat Enterprise Linux のダウンロードウィンドウで、ISO イメージのバイナリー DVD バージョン (たとえば、Red Hat Enterprise Linux 7.7 バイナリー DVD) を見つけて、今すぐダウンロード をクリックします。
  6. ダウンロードが完了したら、ISO イメージを Satellite Server にコピーします。
  7. Satellite Server で、マウントポイントを作成し、そのロケーションに ISO イメージを一時的にマウントします。

    # mkdir /mnt/iso
    # mount -o loop rhel-binary-dvd.iso /mnt/iso
  8. kickstart ディレクトリーを作成します。

    # mkdir --parents \
    /var/www/html/pub/sat-import/content/dist/rhel/server/7/7.7/x86_64/kickstart/
  9. ISO イメージから kickstart ファイルをコピーします。

    # cp -a /mnt/iso/* /var/www/html/pub/sat-import/content/dist/rhel/server/7/7.7/x86_64/kickstart/
  10. 次のエントリーをリストファイルに追加します。

    /var/www/html/pub/sat-import/content/dist/rhel/server/7/listing ファイルで改行してバージョン番号を追加します。たとえば、RHEL 7.7 ISO の場合には、7.7 を追記します。

    /var/www/html/pub/sat-import/content/dist/rhel/server/7/7.7/listing ファイルで改行して、x86_64 など、アーキテクチャーを追加します。

    /var/www/html/pub/sat-import/content/dist/rhel/server/7/7.7/x86_64/listing ファイルで改行して kickstart を追加します。

  11. ISO イメージから .treeinfo ファイルをコピーします。

    # cp /mnt/iso/.treeinfo \
    /var/www/html/pub/sat-import/content/dist/rhel/server/7/7.7/x86_64/kickstart/treeinfo
  12. マウントされたバイナリー DVD ISO イメージを使用する予定がない場合は、ディレクトリーをアンマウントして削除します。

    # umount /mnt/iso
    # rmdir /mnt/iso
  13. Satellite Web UI で、Kickstart リポジトリーを有効にします。

C.2. Red Hat Enterprise Linux 8 のキックスタートリポジトリーのインポート

Red Hat Enterprise Linux 8 のキックスタートリポジトリーをインポートするには、Satellite で以下の手順を実行します。

手順

  1. Red Hat カスタマーポータル https://access.redhat.com/ へ移動し、ログインします。
  2. ウィンドウの右上隅で ダウンロード をクリックします。
  3. Red Hat Enterprise Linux 8 をクリックします。
  4. Red Hat Enterprise Linux のダウンロードウィンドウで、ISO イメージのバイナリー DVD バージョン (たとえば、Red Hat Enterprise Linux 8.1 バイナリー DVD) を見つけて、今すぐダウンロード をクリックします。
  5. ダウンロードが完了したら、ISO イメージを Satellite Server にコピーします。
  6. Satellite Server で、マウントポイントを作成し、そのロケーションに ISO イメージを一時的にマウントします。

    # mkdir /mnt/iso
    # mount -o loop rhel-binary-dvd.iso /mnt/iso
  7. Red Hat Enterprise Linux 8 AppStream および BaseOS Kickstart リポジトリーのディレクトリーを作成します。

    # mkdir --parents \
    /var/www/html/pub/sat-import/content/dist/rhel8/8.1/x86_64/appstream/kickstart
    
    # mkdir --parents \
     /var/www/html/pub/sat-import/content/dist/rhel8/8.1/x86_64/baseos/kickstart
  8. ISO イメージから kickstart ファイルをコピーします。

    # cp -a /mnt/iso/AppStream/* \
    /var/www/html/pub/sat-import/content/dist/rhel8/8.1/x86_64/appstream/kickstart
    
    # cp -a /mnt/iso/BaseOS/* /mnt/iso/images/ \
    /var/www/html/pub/sat-import/content/dist/rhel8/8.1/x86_64/baseos/kickstart

    BaseOS の場合は、/mnt/iso/images/ ディレクトリーのコンテンツもコピーする必要があることに注意してください。

  9. 次のエントリーをリストファイルに追加します。

    /var/www/html/pub/sat-import/content/dist/rhel8/8.1/x86_64/appstream/kickstart/treeinfo ファイルを開いて編集します。

    /var/www/html/pub/sat-import/content/dist/rhel8/8.1/x86_64/baseos/listing ファイルで改行して kickstart を追加します。

    /var/www/html/pub/sat-import/content/dist/rhel8/listing ファイルで改行してバージョン番号を追加します。たとえば、RHEL 8.1 バイナリー ISO の場合は 8.1 を追加します。

  10. ISO イメージから .treeinfo ファイルをコピーします。

    # cp /mnt/iso/.treeinfo \
    /var/www/html/pub/sat-import/content/dist/rhel8/8.1/x86_64/appstream/kickstart/treeinfo
    
    # cp /mnt/iso/.treeinfo \
    /var/www/html/pub/sat-import/content/dist/rhel8/8.1/x86_64/baseos/kickstart/treeinfo
  11. /var/www/html/pub/sat-import/content/dist/rhel8/8.1/x86_64/baseos/kickstart/treeinfo ファイルを開いて編集します。
  12. [general] セクションで、以下の変更を加えます。

    • packagedir = AppStream/Packagespackagedir = Packages に変更します。
    • repository = AppStreamrepository = . に変更します。
    • variant = AppStreamvariant = BaseOS に変更します。
    • variants = AppStream,BaseOSvariants = BaseOS に変更します。
  13. [tree] セクションで、variants = AppStream,BaseOSvariants = BaseOS に変更します。
  14. [variant-BaseOS] セクションで、以下の変更を加えます。

    • packages = BaseOS/Packagespackages = Packages に変更します。
    • repository = BaseOSrepository = . に変更します。
  15. [media] および [variant-AppStream] のセクションを削除します。
  16. ファイルを保存して閉じます。
  17. /var/www/html/pub/sat-import/content/dist/rhel8/8.1/x86_64/baseos/kickstart/treeinfo ファイルが以下の形式であることを確認します。

    [checksums]
    images/efiboot.img = sha256:9ad9beee4c906cd05d227a1be7a499c8d2f20b3891c79831325844c845262bb6
    images/install.img = sha256:e246bf4aedfff3bb54ae9012f959597cdab7387aadb3a504f841bdc2c35fe75e
    images/pxeboot/initrd.img = sha256:a66e3c158f02840b19c372136a522177a2ab4bd91cb7269fb5bfdaaf7452efef
    images/pxeboot/vmlinuz = sha256:789028335b64ddad343f61f2abfdc9819ed8e9dfad4df43a2694c0a0ba780d16
    
    [general]
    ; WARNING.0 = This section provides compatibility with pre-productmd treeinfos.
    ; WARNING.1 = Read productmd documentation for details about new format.
    arch = x86_64
    family = Red Hat Enterprise Linux
    name = Red Hat Enterprise Linux 8.1.0
    packagedir = Packages
    platforms = x86_64,xen
    repository = .
    timestamp = 1571146127
    variant = BaseOS
    variants = BaseOS
    version = 8.1.0
    
    [header]
    type = productmd.treeinfo
    version = 1.2
    
    [images-x86_64]
    efiboot.img = images/efiboot.img
    initrd = images/pxeboot/initrd.img
    kernel = images/pxeboot/vmlinuz
    
    [images-xen]
    initrd = images/pxeboot/initrd.img
    kernel = images/pxeboot/vmlinuz
    
    [release]
    name = Red Hat Enterprise Linux
    short = RHEL
    version = 8.1.0
    
    [stage2]
    mainimage = images/install.img
    
    [tree]
    arch = x86_64
    build_timestamp = 1571146127
    platforms = x86_64,xen
    variants = BaseOS
    
    [variant-BaseOS]
    id = BaseOS
    name = BaseOS
    packages = Packages
    repository = .
    type = variant
    uid = BaseOS
  18. /var/www/html/pub/sat-import/content/dist/rhel8/8.1/x86_64/appstream/kickstart/treeinfo ファイルを開いて編集します。
  19. [general] セクションで、以下の変更を加えます。

    • packagedir = AppStream/Packagespackagedir = Packages に変更します。
    • repository = AppStreamrepository = . に変更します。
    • variants = AppStream,BaseOSvariants = AppStream に変更します。
  20. [tree] セクションで、variants = AppStream,BaseOSvariants = AppStream に変更します。
  21. [variant-AppStream] セクションで、以下の変更を加えます。

    • packages = AppStream/Packagespackages = Packages に変更します。
    • repository = AppStreamrepository = . に変更します。
  22. ファイルから次のセクションを削除します: [checksums][images-x86_64][images-xen][media][stage2][variant-BaseOS]
  23. ファイルを保存して閉じます。
  24. /var/www/html/pub/sat-import/content/dist/rhel8/8.1/x86_64/appstream/kickstart/treeinfo ファイルが以下の形式であることを確認します。

    [general]
    ; WARNING.0 = This section provides compatibility with pre-productmd treeinfos.
    ; WARNING.1 = Read productmd documentation for details about new format.
    arch = x86_64
    family = Red Hat Enterprise Linux
    name = Red Hat Enterprise Linux 8.1.0
    packagedir = Packages
    platforms = x86_64,xen
    repository = .
    timestamp = 1571146127
    variant = AppStream
    variants = AppStream
    version = 8.1.0
    
    [header]
    type = productmd.treeinfo
    version = 1.2
    
    [release]
    name = Red Hat Enterprise Linux
    short = RHEL
    version = 8.1.0
    
    [tree]
    arch = x86_64
    build_timestamp = 1571146127
    platforms = x86_64,xen
    variants = AppStream
    
    [variant-AppStream]
    id = AppStream
    name = AppStream
    packages = Packages
    repository = .
    type = variant
    uid = AppStream
  25. マウントされたバイナリー DVD ISO イメージを使用する予定がない場合は、ディレクトリーをアンマウントして削除します。

    # umount /mnt/iso
    # rmdir /mnt/iso
  26. Satellite Web UI で、Kickstart リポジトリーを有効にします。