第5章 virt-who 設定のデプロイ

virt-who 設定を作成すると、Satellite はデプロイメントプロセスを自動化するスクリプトを提供します。このスクリプトは virt-who をインストールし、virt-who の個別の設定ファイルおよびグローバル設定ファイルを作成します。

Red Hat 製品の場合は、そのファイルに指定されたハイパーバイザーに各設定ファイルをデプロイする必要があります。その他の製品の場合は、Satellite Server、Capsule Server、または virt-who の実行に特化した別の Red Hat Enterprise Linux サーバーに、設定ファイルをデプロイする必要があります。

5.1. ハイパーバイザーでの virt-who 設定のデプロイ

以下の手順に従って、ファイルに指定した Red Hat ハイパーバイザーに virt-who 設定をデプロイします。グローバルの値は、このハイパーバイザーにのみ適用されます。

この手順を使用して Capsule Server に vCenter または Hyper-V virt-who 設定をデプロイすることもできます。グローバル設定値は、同じ Capsule Server 上の virt-who 設定すべてに適用され、新規の virt-who 設定がデプロイされるたびに上書きされます。

前提条件

  • Red Hat Satellite にハイパーバイザーを登録します。
  • Red Hat Virtualization Host (RHVH) を使用している場合は、これを最新バージョンに更新して、最小バージョンの virt-who が利用できるようにします。RHVH ではデフォルトで virt-who を使用できますが、これを rhel-7-server-rhvh-4-rpms リポジトリーから個別に更新することはできません。
  • ハイパーバイザーで読み取り専用の virt-who ユーザーを作成します。
  • 仮想化プラットフォーム用の virt-who 設定を作成します。

手順

  1. Satellite Web UI で、インフラストラクチャー > Virt-who configurations に移動します。
  2. virt-who 設定の名前をクリックします。
  3. Deploy タブをクリックします。
  4. Configuration script で、 Download the script をクリックします。
  5. このスクリプトをハイパーバイザーにコピーします。

    # scp deploy_virt_who_config_1.sh root@hypervisor.example.com:
  6. デプロイメントスクリプトを実行可能にし、実行します。

    # chmod +x deploy_virt_who_config_1.sh
    # sh deploy_virt_who_config_1.sh
  7. デプロイメントが完了したら、このスクリプトを削除します。

    # rm deploy_virt_who_config_1

5.2. Satellite Server での virt-who 設定のデプロイ

以下の手順に従って、Satellite Server に vCenter または Hyper-V virt-who 設定をデプロイします。

グローバル設定の値は、Satellite Server の virt-who 設定すべてに適用され、新規の virt-who 設定がデプロイされるたびに上書きされます。

前提条件

  • ハイパーバイザーまたは仮想化マネージャーで、読み取り専用の virt-who ユーザーを作成します。
  • Hyper-V virt-who 設定をデプロイする場合は、Hyper-V ハイパーバイザーでリモート管理を有効にします。
  • 仮想化プラットフォーム用の virt-who 設定を作成します。

手順

  1. Satellite Web UI で、インフラストラクチャー > Virt-who configurations に移動します。
  2. virt-who 設定の名前をクリックします。
  3. Hammer commandCopy to clipboard をクリックします。
  4. Satellite Server で、Hammer コマンドをターミナルに貼り付けます。

5.3. 別の Red Hat Enterprise Linux サーバーでの virt-who 設定のデプロイ

以下の手順に従って、専用の Red Hat Enterprise Linux 7 サーバーに vCenter または Hyper-V virt-who 設定をデプロイします。サーバーは物理サーバーでも仮想サーバーでもかまいません。

グローバル設定の値はこのサーバーのすべての virt-who 設定に適用され、新規の virt-who 設定がデプロイされるたびに上書きされます。

前提条件

  • ハイパーバイザーまたは仮想化マネージャーで、読み取り専用の virt-who ユーザーを作成します。
  • Hyper-V virt-who 設定をデプロイする場合は、Hyper-V ハイパーバイザーでリモート管理を有効にします。
  • 仮想化プラットフォーム用の virt-who 設定を作成します。

手順

  1. Red Hat Enterprise Linux サーバーで、Satellite Server の CA 証明書をインストールします。

    # rpm -ivh http://satellite.example.com/pub/katello-ca-consumer-latest.noarch.rpm
  2. Red Hat Enterprise Linux サーバーを Satellite Server に登録します。

    # subscription-manager register \
    --org=organization_label \
    --auto-attach
  3. virt-who と Satellite Server の間の通信用のネットワークポートを開きます。

    # firewall-cmd --add-port="443/tcp"
    # firewall-cmd --add-port="443/tcp" --permanent
  4. virt-who と各ハイパーバイザーまたは仮想化マネージャー間の通信用のネットワークポートを開きます。

    • VMware vCenter: TCP ポート 443
    • Microsoft Hyper-V: TCP ポート 5985
  5. Satellite Web UI で、インフラストラクチャー > Virt-who configurations に移動します。
  6. virt-who 設定ファイルの名前をクリックします。
  7. Deploy タブをクリックします。
  8. Configuration script で、 Download the script をクリックします。
  9. このスクリプトを Red Hat Enterprise Linux サーバーにコピーします。

    # scp deploy_virt_who_config_1.sh root@rhel.example.com:
  10. デプロイメントスクリプトを実行可能にし、実行します。

    # chmod +x deploy_virt_who_config_1.sh
    # sh deploy_virt_who_config_1.sh
  11. デプロイメントが完了したら、このスクリプトを削除します。

    # rm deploy_virt_who_config_1