第2章 Red Hat Satellite の起動および停止

Satellite には、コマンドラインから Satellite サービスを管理するための satellite-maintain service コマンドが含まれています。このコマンドは Satellite のバックアップの作成時に役に立ちます。バックアップ作成に関する詳細は、「8章Satellite Server および Capsule Server のバックアップ」を参照してください。

satellite-installer コマンドを使用して Satellite をインストールした後に、すべての Satellite サービスは自動的に起動されて有効になります。これらのサービスのリストを表示するには、以下のコマンドを実行します。

# satellite-maintain service list

実行中のサービスのステータスを確認するには、以下のコマンドを実行します。

# satellite-maintain service status

satellite-maintain サービスを停止するには、以下のコマンドを実行します。

# satellite-maintain service stop

satellite-maintain サービスを起動するには、以下のコマンドを実行します。

# satellite-maintain service start

satellite-maintain サービスを再起動するには、以下のコマンドを実行します。

# satellite-maintain service restart