第1章 はじめに

Satellite では、Satellite 5 Server から Satellite 6 Server へ移行できます。Satellite 6 は Satellite 5 とは大きく異なるため、(バージョン 4.x から 5.x へなどの) インプレースアップグレードプロセスは、バージョン 5 から 6 への移行には適用されません。新しいサーバーに Satellite 6 をインストールし、新しい Satellite 6 インスタンスにクライアントを移行します。したがって、これはアップグレードプロセスではなく、移行プロセスと呼ばれます。Red Hat は、Satellite サブスクリプションを二重で 1 年間提供するため、Satellite 5 クライアントから新しいシステムへ移行する場合に限り、移行の前に Satellite 6 Server を構築してテストできます。

移行のワークフロー

Satellite 5 から Satellite 6 への移行プロセスは、以下のような手順になります。

  1. ドキュメントを読み、Satellite 6 製品の基礎を理解します。s390 システムに Satellite 5.8 を実行している場合は、x86_64 アーキテクチャーシステムに未使用の Satellite 6 を構築する必要があります。Satellite 6 は、s390 システムでは実行できません。
  2. 新しいマシンに Satellite 6 をインストールし、マニフェストでアクティベートし、CDN の Red Hat コンテンツと同期します。
  3. クライアントシステムにブートストラップをインストールします。
  4. 前提条件を満たしているのを確認し、ブートストラップスクリプトを実行し、クライアントを移行します。

サポートされる Red Hat Enterprise Linux のバージョン

Satellite 5 とは異なり、Satellite 6 は Red Hat Enterprise Linux 4 以前で稼働しているクライアントをサポートしません。移行を開始する前に、すべてのクライアントが以下の Red Hat Enterprise Linux バージョンで設定されていることを確認してください。

  • Red Hat Enterprise Linux 5.7 以降
  • Red Hat Enterprise Linux 6.1 以降
  • Red Hat Enterprise Linux 7.0 以降