第14章 Red Hat Image Builder イメージを使用したプロビジョニング

Satellite でプロビジョニングしたホストを使用して、Red Hat Image Builder イメージを作成し、Satellite にイメージをインポートしてホストプロビジョニングに使用します。

14.1. Red Hat Image Builder を使用したイメージの作成

Satellite で Red Hat Image Builder イメージを使用するには、Red Hat Image Builder を使用してイメージを作成してから、そのイメージを Satellite Server に転送してアップロードします。

手順

Satellite 用の Red Hat Image Builder イメージを作成するには、次の手順を実行します。

  1. Satellite Server でプロビジョニングに使用するリポジトリーを追加し、同期します。詳細は、『コンテンツ管理ガイド』の「同期する Red Hat リポジトリーの選択」を参照してください。
  2. Satellite Server でホストをプロビジョニングして、ビルド予定のイメージに追加するパッケージが含まれるリポジトリーにアクセスできるようにします。
  3. イメージを作成するサーバーで、Red Hat Image Builder をインストールします。詳細は、『RHEL システムイメージのカスタマイズ』ガイドの「Image Builder のインストール」の章を参照してください。
  4. カスタムイメージの Blueprint を作成します。詳細は、『RHEL システムイメージのカスタマイズ』ガイドの「コマンドラインインターフェースで Image Builder の Blueprint の作成」の手順を参照してください。
  5. Blueprint に必要なパッケージを追加します。『RHEL システムイメージのカスタマイズ』ガイドの「Image Builder の Blueprint 形式」を参照してください。
  6. .tar など、Anaconda Kickstart のプロビジョニングテンプレートと互換性のあるファイルの拡張子を使用したイメージを作成します。Red Hat Image Builder で有効なファイル拡張子の一覧については、『RHEL システムイメージのカスタマイズ』ガイドの「Image Builder 出力形式」を参照してください。 For more information about valid file extensions to use with Anaconda Kickstart で使用可能なファイル拡張子については、『Red Hat Enterprise Linux インストールガイド』の 「キックスタート構文の参考資料」セクションにある liveimg エントリーを参照してください。
  7. scp または rsync を使用して、SSH でイメージを Satellite Server のベースオペレーティングシステムにコピーします。
  8. Satellite Server で、カスタムの製品を作成し、カスタムのファイルリポジトリーをこの製品に追加して、イメージをリポジトリーにアップロードします。詳細は、『コンテンツ管理ガイド』の「個別の ISO イメージおよびファイルのインポート」を参照してください。

14.2. Satellite での Red Hat Image Builder イメージの使用

Satellite で Red Hat Image Builder イメージを使用するには、任意のプロビジョニング方法で後から使用できるように、kickstart_liveimg パラメーターをホストグループに追加する必要があります。

ホストグループの作成に関する情報は、『ホストの管理』ガイドの「ホストグループの作成」を参照してください。

手順

Satellite で Anaconda Kickstart で Red Hat Image Builder イメージを使用するには、次の手順を実行します。

  1. Web UI で、設定 > ホストグループ に移動し、使用するホストグループ名を選択します。
  2. パラメーター タブをクリックしてから、パラメーターの追加 をクリックします。
  3. 名前 フィールドで、kickstart_liveimg を入力します。
  4. タイプ の一覧から string を選択します。
  5. のフィールドに、イメージの保存先を参照する相対パスまたは絶対パスを custom/product/repository/image_name の形式で入力します。
  6. 送信 をクリックして変更を保存します。

ベアメタルプロビジョニングや、コンピュートリソースを使用したプロビジョニングに、このイメージを使用できます。

ベアメタルプロビジョニングの詳細は、6章ベアメタルホストのプロビジョニングを参照してください。異なるコンピュートリソースを使用したプロビジョニングの詳細は、使用するコンピュートリソースに関する章を参照してください。