付録A Satellite 提供の、Satellite で必須のテクニカルユーザー

Satellite のインストール時に、システムアカウントが作成されます。このアカウントは、ファイルの管理や Satellite に統合されたコンポーネントの所有権を処理する時に使用します。これらのアカウントには、固定の UID と GID が割り当てられている場合と、システム上で次に利用可能な UID と GID が割り当てられてる場合があります。アカウントに割り当てられた UID と GID を制御するには、Satellite のインストール前にアカウントを定義してください。アカウントによっては UID と GID がハードコードされている場合があるので、Satellite のインストール時に作成された全アカウントで、これができるわけではありません。

以下の表は、インストール時に Satellite が作成した全アカウントの一覧です。 柔軟な UID および GID コラムで はい と指定されているアカウントは、Satellite のインストール前にカスタムの UID と GID を事前定義できます。

システムアカウントのホームディレクトリーとシェルディレクトリーは、Satellite を正常に動作させるのに必要であるため、変更しないでください。

Satellite が作成するローカルユーザーと競合する可能性があるので、Satellite のベースオペレーティングシステムのシステムユーザーには外部アイデンティティープロバイダーを使用できません。

表A.1 Satellite 提供の、Satellite で必須のテクニカルユーザー

ユーザー名UIDグループ名GID柔軟な UID および GIDHomeShell

foreman

該当なし

foreman

該当なし

はい

/usr/share/foreman

/sbin/nologin

foreman-proxy

該当なし

foreman-proxy

該当なし

はい

/usr/share/foreman-proxy

/sbin/nologin

puppet

該当なし

puppet

該当なし

はい

/opt/puppetlabs/server/data/puppetserver

/sbin/nologin

qdrouterd

該当なし

qdrouterd

該当なし

はい

該当なし

/sbin/nologin

qpidd

該当なし

qpidd

該当なし

はい

/var/lib/qpidd

/sbin/nologin

unbound

該当なし

unbound

該当なし

はい

/etc/unbound

/sbin/nologin

postgres

26

postgres

26

いいえ

/var/lib/pgsql

/bin/bash

apache

48

apache

48

いいえ

/usr/share/httpd

/sbin/nologin

tomcat

53

tomcat

53

いいえ

/usr/share/tomcat

/bin/nologin

saslauth

該当なし

saslauth

76

いいえ

該当なし

/sbin/nologin

mongodb

184

mongodb

184

いいえ

/var/lib/mongodb

/sbin/nologin


このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。