Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

第8章 Ansible ロールの使用

8.1. 既存ホストへの Ansible ロールの割り当て

Red Hat Enterprise Linux バージョン 8、7、6.9 以降では、リモート管理に、Ansible ロールを使用できます。

前提条件

ホストにロールを割り当てる前に、Satellite に Ansible のロールをインポートする。詳細は、『Red Hat Satellite の管理』の「Red Hat Enterprise Linux System ロールの管理」を参照してください。

手順

  1. Satellite Web UI で、ホスト > すべてのホスト に移動します。
  2. Ansible ロールを割り当てるホストで、編集 をクリックします。
  3. Ansible ロール タブを選択して、すべての項目 リストで、追加するロールを検索します。
  4. 追加するロールを選択して、矢印アイコンをクリックし、選択された項目 リストにロールを移動させます。
  5. 送信 をクリックします。

ホストに Ansible ロールを割り当てると、リモート実行用に Ansible を使用できるようになります。詳細は、「リモート実行のための SSH 鍵の配布」 を参照してください。

パラメーター変数の上書き

パラメーター タブで パラメーターの追加 をクリックして、ランタイム時にジョブテンプレートにわたすパラメーター変数を追加します。これには、ホストに関連付ける 全 Ansible Playbook パラメーター、ホストパラメーターが含まれます。Ansible のジョブテンプレートでパラメーター変数を使用するには、ホストパラメーター を追加する必要があります。

8.2. ホストでの Ansible ロールの実行

Satellite Web UI を使用して、ホストで Ansible ロールを実行できます。

前提条件

  • Ansible ロールを Satellite にインポートしておく。
  • Ansible ロールをホストに割り当てておく。

手順

  1. Satellite Web UI で、ホスト > すべてのホスト に移動します。
  2. 実行する Ansible ロールが含まれるホストのチェックボックスを選択します。
  3. アクションの選択 リストから Ansible ロールのプレイ を選択します。

Ansible ロールの実行ページで、Ansible ジョブのステータスを表示できます。ジョブを返すには、再実行 ボタンをクリックしてください。

8.3. ホストグループへの Ansible ロールの割り当て

Red Hat Enterprise Linux バージョン 8、7、6.9 以降では、リモート管理に、Ansible ロールを使用できます。

前提条件

ホストグループにロールを割り当てる前に、Satellite に Ansible のロールをインポートしておく。詳細情報は、『Red Hat Satellite の管理』の「Red Hat Enterprise Linux System ロールの管理」を参照してください。

手順

  1. Satellite Web UI で、設定 > ホストグループ に移動します。
  2. ホストグループの一覧から、Ansible ロールを追加するホストグループ名をクリックします。
  3. Ansible ロール タブを選択して、すべての項目 リストで、追加するロールを検索します。
  4. 追加するロールを選択して、矢印アイコンをクリックし、選択された項目 リストにロールを移動させます。
  5. 送信 をクリックします。

8.4. ホストグループでの Ansible ロールの実行

Satellite Web UI を使用して、ホストグループで Ansible ロールを実行できます。

前提条件

  • Ansible ロールを Satellite にインポートしておく。
  • Ansible ロールをホストグループに割り当てておく。
  • ホストグループに最低でもホストを 1 台以上設定する必要がある。

手順

  1. Satellite Web UI で、設定 > ホストグループ に移動します。
  2. ホストグループの アクション コラムの一覧から、ロールのプレイ を選択します。

Ansible ロールの実行ページで、Ansible ジョブのステータスを表示できます。ジョブを返すには、再実行 ボタンをクリックしてください。