第3章 ホストの登録

Satellite Server または Capsule Server にホストを登録する方法は、主に 2 つあります。

  • コンシューマー RPM (server.example.com/pub/katello-ca-consumer-latest.noarch.rpm) をダウンロードしてインストールしてから、サブスクリプションマネージャーを実行します。この方法は、新規インストールしたホストに適しています。
  • ブートストラップスクリプト (server.example.com/pub/bootstrap.py) をダウンロードして実行します。この方法は、新規インストールしたホストにも、Satellite 5 や別の Satellite 6 に登録済みのホストにも適しています。

Atomic Host を Satellite Server または Capsule Server に登録することもできます。

次のいずれかの手順を使用して、クライアントを登録します。

以下の手順を使用して、ホストツールをインストールして設定します。

ホストでサポート対象のオペレーティングシステム

ホストは、以下の Red Hat Enterprise Linux バージョンのいずれかを使用している必要があります。

  • 5.7 以降
  • 6.1 以降*
  • 7.0 以上
  • 8.0 以降
注記

Red Hat Enterprise Linux バージョン 6.1、6.2 および 6.3 では、subscription-manager と関連のパッケージを手動で更新する必要があります。詳細は、「https://access.redhat.com/solutions/1256763」を参照してください。

サポートされるアーキテクチャー

Red Hat Enterprise Linux のすべてのアーキテクチャーがサポートされます。

  • i386
  • x86_64
  • s390x
  • ppc_64

3.1. Red Hat Satellite へのホストの登録

以下の手順を使用して、ホストを Red Hat Satellite 6 に登録します。

前提条件

  • Satellite Server、Capsule Server、およびすべてのホストは、同じ NTP サーバーと同期して時間同期ツールを有効にし、実行しておく。
  • rhsmcertd デーモンをホストで実行しておく。
  • ホストのアクティベーションキーがある。詳細は、『コンテンツ管理ガイド』の「アクティベーションキーの管理」を参照してください。
  • バージョンが 1.10 以降のサブスクリプションマネージャーを使用している。パッケージは標準の Red Hat Enterprise Linux リポジトリーで利用できます。

手順

Red Hat Enterprise Linux ホストは、デフォルトで Red Hat コンテンツ配信ネットワーク (CDN) に登録されます。

各ホスト設定を更新して、正しい Satellite Server または Capsule Server から更新を受け取るようにします。

  1. Satellite Server または Capsule Server の完全修飾ドメイン名 (FQDN) をメモしておきます (例: server.example.com)。
  2. root ユーザーとしてホストにログインして、ホストを登録する Satellite Server または Capsule Server から katello-ca-consumer-latest.noarch.rpm パッケージをダウンロードします。コンシューマー RPM はホストを設定して、Red Hat Satellite で指定されたコンテンツソースからコンテンツをダウンロードします。

    # curl --insecure --output katello-ca-consumer-latest.noarch.rpm https://satellite.example.com/pub/katello-ca-consumer-latest.noarch.rpm
  3. katello-ca-consumer-latest.noarch.rpm パッケージをインストールします。

    # yum localinstall katello-ca-consumer-latest.noarch.rpm
    注記

    RPM パッケージは署名されていません。必要に応じて、--nosignature オプションを使用してパッケージをインストールします。katello-ca-consumer-hostname-1.0-1.noarch.rpm パッケージは、追加の katello-ca-consumer RPM で、この中にサーバーのホスト名が含まれます。katello-ca-consumer-latest.noarch.rpm パッケージは常に最新のバージョンを反映します。どちらを使用しても達成できる目的は同じです。

  4. Red Hat Subscription Manager (RHSM) に関連するすべての以前のホストデータを消去します。

    # subscription-manager clean
  5. RHSM を使用してホストを登録します。

    # subscription-manager register --org=your_org_name \
    --activationkey=your_activation_key

    例3.1 登録後のコマンド出力:

    # subscription-manager register --org=MyOrg --activationkey=TestKey-1
    The system has been registered with id: 62edc0f8-855b-4184-b1b8-72a9dc793b96
注記

アクティベーションキーで定義したコンテンツビューとライフサイクル環境を上書きするには、--environment オプションを使用します。たとえば、「開発」ライフサイクル環境のコンテンツビュー「MyView」にホストを登録するには、以下を実行します。

 # subscription-manager register --org=your_org_name \
 --environment=Development/MyView \
 --activationkey=your_activation_key
注記

Red Hat Enterprise Linux 6.3 ホストの場合には、リリースバージョンが Red Hat Enterprise Linux 6 Server にデフォルト設定されており、6.3 リポジトリーを指定する必要があります。

  1. Satellite Web UI で、ホスト > コンテンツホスト に移動します。
  2. 変更が必要なホストの横にあるチェックボックスを選択します。
  3. アクションの選択 リストから リリースバージョンの設定 を選択します。
  4. リリースバージョン リストから 6.3 を選択します。
  5. 完了 をクリックします。

3.2. Red Hat Satellite への Atomic Host の登録

以下の手順を使用して、Atomic Host を Red Hat Satellite 6 に登録します。

手順

  1. root ユーザーで、Atomic Host にログインします。
  2. Satellite Server から katello-rhsm-consumer を取得します。

    # wget http://satellite.example.com/pub/katello-rhsm-consumer
  3. katello-rhsm-consumer のモードを実行可能に変更します。

    # chmod +x katello-rhsm-consumer
  4. katello-rhsm-consumer を実行します。

    # ./katello-rhsm-consumer

    Red Hat サブスクリプションマネージャーで登録します。

    # subscription-manager register
注記

Katello エージェントは、Atomic Host ではサポートされません。

3.3. ブートストラップスクリプトを使ったホストの Red Hat Satellite への登録

ブートストラップスクリプトを使用して、コンテンツの登録と Puppet の設定を自動化します。新しいホストの登録や、既存のホストの Satellite 5、RHN、SAM または RHSM からの Red Hat Satellite 6 への移行には、ブートストラップスクリプトを使用できます。

Satellite Server のベースオペレーティングシステムに、デフォルトで katello-client-bootstrap パッケージがインストールされています。bootstrap.py スクリプトは、/var/www/html/pub/ ディレクトリーにインストールされており、satellite6.example.com/pub/bootstrap.py でホストに公開されます。このスクリプトでは、/usr/share/doc/katello-client-bootstrap-version/README.md ファイルにドキュメントが含まれます。

ブートストラップスクリプトを使用するには、ホストにスクリプトをインストールする必要があります。スクリプトは 1 度しか必要ではなく、また、root ユーザー専用であるため、/root または /usr/local/sbin に配置して、使用後に削除できます。この手順では、/root を使用します。

前提条件

  • Satellite ユーザーに、ブートラップスクリプト実行に必要なパーミッションを割り当てる。この手順の例では、admin ユーザーを指定します。セキュリティーポリシーの関係上、この要件を満たせない場合には、新しいロールを作成して最小限必要なパーミッションを割り当てて、このロールをスクリプトを実行するユーザーに追加してください。詳細情報は、「ブートストラップスクリプトのパーミッションの設定」を参照してください。
  • Satellite Tools リポジトリーを有効にしたホストのアクティベーションキーを用意する。アクティベーションキーの設定方法は『コンテンツ管理ガイド』の「アクティベーションキーの管理」を参照してください。
  • ホストグループを作成済みである。ホストグループの作成方法は「ホストグループの作成」を参照してください。

Puppet の考慮事項

ホストグループを Production 環境内に作成した Puppet 環境に関連付けると、Puppet はホストグループからホストを登録する時に Puppet CA 証明書の取得に失敗します。

ホストグループに関連付けて、適切な Puppet 環境を作成するには、以下の手順を実行します。

  1. 手動でディレクトリーを作成して、所有者を変更します。

    # mkdir /etc/puppetlabs/code/environments/example_environment
    # chown apache /etc/puppetlabs/code/environments/example_environment
  2. 設定 > 環境 へと移動し、環境をインポート をクリックします。ボタン名には、内部または外部の Capsule の FQDN が含まれます。
  3. 作成したディレクトリーを選択し、更新 をクリックします。

手順

  1. root ユーザーで、ホストにログインします。
  2. スクリプトをダウンロードします。

    # curl -O http://satellite6.example.com/pub/bootstrap.py
  3. スクリプトを実行可能にします。

    # chmod +x bootstrap.py
  4. ヘルプテキストを表示して、スクリプトが実行可能であることを確認します。

    • Red Hat Enterprise Linux 8 の場合:

      # /usr/libexec/platform-python bootstrap.py -h
    • 他の Red Hat Enterprise Linux バージョンの場合:

      # ./bootstrap.py -h
  5. ご使用の環境に適した値を使用して、ブートストラップコマンドを入力します。

    --server オプションの場合は、Satellite Server または Capsule Server の FQDN を指定します。オプションが --location--organization、および --hostgroup の場合は、オプションへの引数として、ラベルではなく引用符で囲まれた名前を使用します。高度なユースケースは「詳細なブートストラップスクリプトの設定」を参照してください。

    • Red Hat Enterprise Linux 8 の場合は、以下のコマンドを入力します。

      # /usr/libexec/platform-python bootstrap.py \
      --login=admin \
      --server satellite6.example.com \
      --location="Example Location" \
      --organization="Example Organization" \
      --hostgroup="Example Host Group" \
      --activationkey=activation_key
    • Red Hat Enterprise Linux 5、6、7 の場合は、以下のコマンドを入力します。

      # ./bootstrap.py --login=admin \
      --server satellite6.example.com \
      --location="Example Location" \
      --organization="Example Organization" \
      --hostgroup="Example Host Group" \
      --activationkey=activation_key
  6. --login オプションで指定した Satellite ユーザーのパスワードを入力します。

    スクリプトは、進捗の通知を stdout に送信します。

  7. スクリプトでプロンプトが表示されたら、ホストの Puppet 証明書を承認します。Satellite Web UI で インフラストラクチャー > Capsules に移動して、--server オプションで指定した Satellite または Capsule Server を検出します。
  8. アクション コラムの一覧から、証明書 を選択します。
  9. アクション コラムで、署名 をクリックして、ホストの Puppet 証明書を承認します。
  10. ホストに戻り、残りのブートストラップ処理が完了するのを確認します。
  11. Satellite Web UI で ホスト > すべてのホスト に移動して、そのホストが、適切なホストグループに接続していることを確認します。
  12. オプション: ホストの登録が完了したら、スクリプトを削除します。

    # rm bootstrap.py

3.3.1. ブートストラップスクリプトのパーミッションの設定

以下の手順を使用して、Satellite ユーザーにブートストラップスクリプトの実行に必要なパーミッションを指定します。

手順

  1. Satellite Web UI で、管理 > ユーザー に移動します。
  2. 必要な ユーザー名 をクリックして既存のユーザーを選択すると、選択したユーザーの情報を変更するタブが含まれる、新しいペインが表示されます。または、このスクリプトの実行するためだけに新しいユーザーを作成します。
  3. ロール タブをクリックします。
  4. ロール リストから ホストの編集 および ビューワー を選択します。

    重要

    ホストの編集 ロールを割り当てると、ユーザーは、ホストの編集や削除、ホストの追加が可能です。セキュリティーポリシーの関係上、この方法を使用できない場合は、以下のパーミッションを割り当てた新しいロールを作成して、このロールをユーザーに割り当ててください。

    • view_organizations
    • view_locations
    • view_domains
    • view_hostgroups
    • view_hosts
    • view_architectures
    • view_ptables
    • view_operatingsystems
    • create_hosts
  5. 送信 をクリックします。

CLI をご利用の場合

  1. ブートストラップスクリプトで最低限必要なパーミッションを持つロールを作成します。この例は、Bootstrap という名前のロールを作成します。

    # ROLE='Bootstrap'
    hammer role create --name "$ROLE"
    hammer filter create --role "$ROLE" --permissions view_organizations
    hammer filter create --role "$ROLE" --permissions view_locations
    hammer filter create --role "$ROLE" --permissions view_domains
    hammer filter create --role "$ROLE" --permissions view_hostgroups
    hammer filter create --role "$ROLE" --permissions view_hosts
    hammer filter create --role "$ROLE" --permissions view_architectures
    hammer filter create --role "$ROLE" --permissions view_ptables
    hammer filter create --role "$ROLE" --permissions view_operatingsystems
    hammer filter create --role "$ROLE" --permissions create_hosts
  2. 既存のユーザーに新しいロールを割り当てます。

    # hammer user add-role --id user_id --role Bootstrap

    または、新規ユーザーを作成して、新しいロールを新規ユーザーに割り当てることもできます。Hammer を使用したユーザーの作成方法は『Hammer CLI ガイド』の「ユーザーの作成」を参照してください。

3.3.2. 詳細なブートストラップスクリプトの設定

以下のセクションでは、ブートストラップスクリプトを使用してホストを登録したり、移行したりする例をさらに紹介します。

警告

以下の例では、admin Satellite ユーザーを指定します。セキュリティーポリシーの関係上、この要件を満たせない場合には、新しいロールを作成してブートストラップスクリプトで最小限必要なパーミッションを割り当ててください。詳細は、「ブートストラップスクリプトのパーミッションの設定」 を参照してください。

Satellite 6 から別の Satellite 6 へのホストの移行

--force を指定してこのスクリプトを使用し、以前の Satellite から katello-ca-consumer-* パッケージを削除し、新しい Satellite でkatello-ca-consumer-* パッケージをインストールします。

  • Red Hat Enterprise Linux 8 の場合は、以下のコマンドを入力します。

    # /usr/libexec/platform-python bootstrap.py \
    --login=admin \
    --server satellite6.example.com \
    --location="Example Location" \
    --organization="Example Organization" \
    --hostgroup="Example Host Group" \
    --activationkey=activation_key \
    --force
  • Red Hat Enterprise Linux 5、6、7 の場合は、以下のコマンドを入力します。

    # bootstrap.py --login=admin \
    --server satellite6.example.com \
    --location="Example Location" \
    --organization="Example Organization" \
    --hostgroup="Example Host Group" \
    --activationkey=activation_key \
    --force

Red Hat Network (RHN) または Satellite 5 から Satellite 6 へのホストの移行

ブートストラップスクリプトは、システムがレガシープラットフォームに登録済みであることの指標として、/etc/syconfig/rhn/systemid が存在し、RHN の接続が有効であることを検出します。次にこのスクリプトは、rhn-classic-migrate-to-rhsm を呼び出して RHN からシステムを移行します。このスクリプトでは監査の理由上、システムのレガシープロファイルはデフォルトで削除されません。レガシーのプロファイルを削除するには、--legacy-purge を使用してから、--legacy-login を使用して適切なパーミッションのあるユーザーアカウントを指定し、プロファイルを削除します。プロンプトが表示されたらユーザーアカウントのパスワードを入力します。

  • Red Hat Enterprise Linux 8 の場合は、以下のコマンドを入力します。

    # /usr/libexec/platform-python bootstrap.py \
    --login=admin \
    --server satellite6.example.com \
    --location="Example Location" \
    --organization="Example Organization" \
    --hostgroup="Example Host Group" \
    --activationkey=activation_key \
    --legacy-purge \
    --legacy-login rhn-user
  • Red Hat Enterprise Linux 5、6、7 の場合は、以下のコマンドを入力します。

    # bootstrap.py --login=admin \
    --server satellite6.example.com \
    --location="Example Location" \
    --organization="Example Organization" \
    --hostgroup="Example Host Group" \
    --activationkey=activation_key \
    --legacy-purge \
    --legacy-login rhn-user

Satellite 6 にホストを登録して Puppet 設定を省略する手順

デフォルトでは、ブートストラップスクリプトを使用して、コンテンツ管理および設定管理に対してホストを設定します。既存の設定管理システムがあり、ホストに Puppet をインストールしない場合は --skip-puppet を使用します。

  • Red Hat Enterprise Linux 8 の場合は、以下のコマンドを入力します。

    # /usr/libexec/platform-python bootstrap.py \
    --login=admin \
    --server satellite6.example.com \
    --location="Example Location" \
    --organization="Example Organization" \
    --hostgroup="Example Host Group" \
    --activationkey=activation_key \
    --skip-puppet
  • Red Hat Enterprise Linux 5、6、7 の場合は、以下のコマンドを入力します。

    # bootstrap.py --login=admin \
    --server satellite6.example.com \
    --location="Example Location" \
    --organization="Example Organization" \
    --hostgroup="Example Host Group" \
    --activationkey=activation_key \
    --skip-puppet

コンテンツ管理専用としてホストを Satellite 6 に登録する手順

システムをコンテンツホストとして登録し、プロビジョニングおよび設定管理機能を除外するには、--skip-foreman を使用します。

  • Red Hat Enterprise Linux 8 の場合は、以下のコマンドを入力します。

    # /usr/libexec/platform-python bootstrap.py \
    --server satellite6.example.com \
    --organization="Example Organization" \
    --activationkey=activation_key \
    --skip-foreman
  • Red Hat Enterprise Linux 5、6、7 の場合は、以下のコマンドを入力します。

    # bootstrap.py --server satellite6.example.com \
    --organization="Example Organization" \
    --activationkey=activation_key \
    --skip-foreman

ブートストラップスクリプトがコンシューマー RPM のダウンロードに使用する方法の変更

デフォルトでは、ブートストラップスクリプトは HTTP を使用してコンシューマー RPM (server.example.com/pub/katello-ca-consumer-latest.noarch.rpm) をダウンロードします。環境によっては、ホストと Satellite との間のみ HTTPS を許可する場合があります。--download-method を使用して、ダウンロードメソッドを HTTP から HTTPS へ変更します。

  • Red Hat Enterprise Linux 8 の場合は、以下のコマンドを入力します。

    # /usr/libexec/platform-python bootstrap.py \
    --login=admin \
    --server satellite6.example.com \
    --location="Example Location" \
    --organization="Example Organization" \
    --hostgroup="Example Host Group" \
    --activationkey=activation_key \
    --download-method https
  • Red Hat Enterprise Linux 5、6、7 の場合は、以下のコマンドを入力します。

    # bootstrap.py --login=admin \
    --server satellite6.example.com \
    --location="Example Location" \
    --organization="Example Organization" \
    --hostgroup="Example Host Group" \
    --activationkey=activation_key \
    --download-method https

ホストの IP アドレスの Satellite への指定

インターフェースが複数あるホスト、または 1 つのインターフェースに IP アドレスが複数あるホストでは、IP アドレスの自動検出設定を無効にして、特定の IP アドレスを Satellite に指定する必要がでてくる場合があります。--ip を使用してください。

  • Red Hat Enterprise Linux 8 の場合は、以下のコマンドを入力します。

    # /usr/libexec/platform-python bootstrap.py \
    --login=admin \
    --server satellite6.example.com \
    --location="Example Location" \
    --organization="Example Organization" \
    --hostgroup="Example Host Group" \
    --activationkey=activation_key \
    --ip 192.x.x.x
  • Red Hat Enterprise Linux 5、6、7 の場合は、以下のコマンドを入力します。

    # bootstrap.py --login=admin \
    --server satellite6.example.com \
    --location="Example Location" \
    --organization="Example Organization" \
    --hostgroup="Example Host Group" \
    --activationkey=activation_key \
    --ip 192.x.x.x

ホストでのリモート実行の有効化

--rex および --rex-user を使用して、リモート実行を有効にし、指定したユーザーに必要な SSH 鍵を追加します。

  • Red Hat Enterprise Linux 8 の場合は、以下のコマンドを入力します。

    # /usr/libexec/platform-python bootstrap.py \
    --login=admin \
    --server satellite6.example.com \
    --location="Example Location" \
    --organization="Example Organization" \
    --hostgroup="Example Host Group" \
    --activationkey=activation_key \
    --rex \
    --rex-user root
  • Red Hat Enterprise Linux 5、6、7 の場合は、以下のコマンドを入力します。

    # bootstrap.py --login=admin \
    --server satellite6.example.com \
    --location="Example Location" \
    --organization="Example Organization" \
    --hostgroup="Example Host Group" \
    --activationkey=activation_key \
    --rex \
    --rex-user root

登録時のホストのドメイン作成

ホストレコードを作成するには、スクリプトを実行する前に、ホストの DNS ドメインが Satellite に存在している必要があります。ドメインが存在しない場合は、--add-domain を使用して追加します。

  • Red Hat Enterprise Linux 8 の場合は、以下のコマンドを入力します。

    # /usr/libexec/platform-python bootstrap.py \
    --login=admin \
    --server satellite6.example.com \
    --location="Example Location" \
    --organization="Example Organization" \
    --hostgroup="Example Host Group" \
    --activationkey=activation_key \
    --add-domain
  • Red Hat Enterprise Linux 5、6、7 の場合は、以下のコマンドを入力します。

    # bootstrap.py --login=admin \
    --server satellite6.example.com \
    --location="Example Location" \
    --organization="Example Organization" \
    --hostgroup="Example Host Group" \
    --activationkey=activation_key \
    --add-domain

ホストへの別の FQDN の指定

ホストのホスト名が FQDN でない場合や、RFC に準拠していない場合 (アンダースコアなどの文字が含まれている) には、ホスト名の検証の段階で、スクリプトが失敗します。Satellite で使用可能な FQDN を使用するようにホストを更新できない場合は、ブートストラップスクリプトを使用して別の FQDN を指定してください。

  1. Hammer を使用して create_new_host_when_facts_are_uploadedcreate_new_host_when_report_is_uploaded を false に設定します。

    # hammer settings set \
    --name  create_new_host_when_facts_are_uploaded \
    --value false
    # hammer settings set \
    --name  create_new_host_when_report_is_uploaded \
    --value false
  2. --fqdn を使用して、Satellite にレポートする FQDN を指定します。

    • Red Hat Enterprise Linux 8 の場合は、以下のコマンドを入力します。

      # /usr/libexec/platform-python bootstrap.py --login=admin \
      --server satellite6.example.com \
      --location="Example Location" \
      --organization="Example Organization" \
      --hostgroup="Example Host Group" \
      --activationkey=activation_key \
      --fqdn node100.example.com
    • Red Hat Enterprise Linux 5、6、7 の場合は、以下のコマンドを入力します。

      # bootstrap.py --login=admin \
      --server satellite6.example.com \
      --location="Example Location" \
      --organization="Example Organization" \
      --hostgroup="Example Host Group" \
      --activationkey=activation_key \
      --fqdn node100.example.com

3.4. Katello エージェントのインストール

Satellite クライアントをリモートで更新するには、Katello エージェントをインストールする必要があります。

katello-agent パッケージは、goferd サービスを提供する gofer パッケージに依存します。Satellite Server または Capsule Server が、コンテンツホストに適用可能なエラータの情報を提供できるようにするには、このサービスを有効化する必要があります。

前提条件

Katello エージェントのインストール前に、以下の条件が満たされていることを確認してください。

  • Satellite Server で、Satellite Tools リポジトリーを有効化しておく。詳細は、『オンラインネットワークからの Satellite Server のインストール』の「Satellite Tools リポジトリーのインストール」を参照してください。
  • Satellite Server で Satellite Tools リポジトリーを同期しておく。詳細は、『オンラインネットワークからの Satellite Server のインストール』の「Satellite Tools リポジトリーの同期」を参照してください。
  • クライアントで Satellite Tools リポジトリーを有効化しておく。たとえば、Red Hat Enterprise Linux 7 クライアントでリポジトリーが有効化されているかを確認するには、以下のコマンドをクライアントで実行してください:

    # subscription-manager repos --enable rhel-7-server-satellite-tools-6.6-rpms

手順

Katello エージェントをインストールするには、以下の手順を実行します。

  1. libvirt-client パッケージをインストールします。

    # yum install katello-agent
  2. goferd サービスを開始します。

    # systemctl start goferd

3.5. トレーサーのインストール

以下の手順を使用して、Red Hat Satellite 6.6 にトレーサーをインストールし、トレースにアクセスします。トレーサーは、内容が古くなり、再起動が必要なサービスやアプリケーションの一覧を表示し、反対にトレースは、Satellite Web UI でトレーサーが生成する出力です。

重要

トレーサーと Satellite Server の統合はテクノロジープレビュー機能です。テクノロジープレビュー機能は、Red Hat サービスレベルアグリーメント (SLA) では完全にサポートされていません。これらは、機能的に完全でない可能性があり、実稼働環境での使用を目的とはしていませんが、近々発表予定のプロダクトイノベーションをリリースに先駆けてご提供することにより、お客様は機能性をテストし、開発プロセス中にフィードバックをお寄せいただくことができます。詳細情報は、「Red Hat テクノロジープレビュー機能のサポート範囲」を参照してください。

前提条件

  • ホストが Red Hat Satellite Server に登録されている。
  • Red Hat Satellite Tools 6.6 リポジトリーを Satellite Server で有効化して同期し、ホストで有効化しておく。

手順

  1. コンテンツホストで katello-host-tools-tracer RPM パッケージをインストールします。

    # yum install katello-host-tools-tracer
  2. 以下のコマンドを実行します。

    # katello-tracer-upload
  3. Satellite Web UI で ホスト > すべてのホスト に移動して、必要なホスト名をクリックします。
  4. プロパティー タブの プロパティー のテーブルで、トレースの項目を確認します。プロパティー のテーブルでトレース項目が見つからない場合は、トレースがインストールされていません。
  5. ホスト > コンテンツホスト に移動してから、必要なホスト名をクリックします。
  6. トレース タブをクリックして、トレースを表示します。

3.6. Puppet エージェントのインストールおよび設定

以下の手順を使用して、ホストに Puppet エージェントをインストールして設定します。Puppet の情報は、『Puppet ガイド』を参照してください。

前提条件

  • ホストが Red Hat Satellite Server に登録されている。
  • ホストに Puppet 環境が割り当てられている。
  • Red Hat Satellite Tools 6.6 リポジトリーを Satellite Server で有効化して同期し、ホストで有効化しておく。

手順

  1. root ユーザーで、ホストにログインします。
  2. Puppet エージェントパッケージをインストールします。

    # yum install puppet-agent
  3. 起動時に Puppet エージェントが起動するように設定します。

    • Red Hat Enterprise Linux 6 の場合:

      # chkconfig puppet on
    • Red Hat Enterprise Linux 7 の場合:

      # systemctl enable puppet
  4. 以下のサーバーと環境の設定を /etc/puppetlabs/puppet/puppet.conf ファイルに追加します。ホストの所属先の Puppet 環境名にenvironment パラメーターを設定します。

    environment = My_Example_Org_Library
    server = satellite.example.com
    ca_server = satellite.example.com
  5. ホスト上で Puppet エージェントを実行します。

    # puppet agent -t
  6. Satellite Web UI で、インフラストラクチャー > Capsules (スマートプロキシー) に移動します。
  7. 必要な Capsule Server の アクション コラムの一覧から、証明書 を選択します。
  8. 必要なホストの右にある 署名 をクリックして、Puppet クライアントの SSL 証明書に署名します。
  9. puppet agent コマンドを再入力します。

    # puppet agent -t

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。